盛り上がり必至の小ネタをお届け

肩凝りに効果的なメソッドと気をつけたいこと

肩は日常生活でとくに負荷がかかりやすい部位であり、「若年性肩こり」という言葉があるほど、痛みを感じやすい場所でもあります。肩を効果的に揉みほぐし、筋肉の緊張をとることによって全身の血流が促進され、代謝率のアップにつながります。肩に負荷がかかる原因と正しいマッサージのメソッドについてまとめました。

肩の凝りや痛みの原因

運動不足

肩こりにかぎらず、あらゆる筋肉痛や関節痛の元凶は運動不足にあるといっても大げさではありません。運動不足になるとたんに消費カロリーが落ちるだけでなく、本来維持されるべき血流が滞り、そのことによって筋肉のこりや痛み、冷え症などが引き起こされます。歩く、走るなどの全身運動はもちろんのこと、上半身のストレッチを毎日こつこつとつづけるだけでもかなりの血流促進効果が期待でき、末梢血管にまで新鮮な栄養が運ばれるために疲労が回復しやすい体質がつくられていきます。

長時間のデスクワーク


現代人とデスクワークはもはや切っても切れない関係にあります。肩こりや関節痛の原因が長時間のデスクワークにあることは医学的にも証明されており、同じ姿勢で長い時間作業をすることは骨格のバランスから見ても決して良いことではありません。もちろん、明日からデスクワークを一切やめることは不可能なので、そのかわりに筋肉の緊張と疲労をその都度リセットするアプローチが重要となります。筋肉は基本的に伸ばす、あるいは広げることによってリラックスする性質があり、肩の関節を意識的にまわしてみるだけでも血行が良くなり、疲労感がすうっと抜けていきます。

不自然な姿勢で寝る


とくに負荷をかけていないはずなのに朝起きたらなぜか肩が痛くなっていた……というような場合、寝る姿勢に問題がある場合があります。睡眠中は本来、体がもっともリラックスするものですが、不自然な体勢で寝てしまうと筋肉や関節に余分な負荷がかかってしまい、かえって痛みを助長する結果になってしまいます。うつ伏せは両肩に負担がかかるため良くないとされており、側臥位(半身の態勢)も左右どちらかの肩にゆがみを起こしてしまうため悪影響であるとされています。医学的には仰向けがもっともリラックスできる体制であると言われていますが、ベッドの硬さやまくらの角度も深く関係しており、体にフィットした寝具を使うことで睡眠効果を最大限に高められると考えられています。ベッドは弾力がありながらもほどよく反発するものを選び、首がゆるやかにカーブするような角度のまくらを愛用することで寝つきも良くなり、肩にあまり負担をかけずに眠ることができます。

加齢

四十肩や五十肩とよく言われるように、年齢を重ねるにつれて肩のあたりに痛みを感じるようになることはある程度はやむを得ないことです。しかしながら、自然現象だからといってそのまま放置していると年々可動域が狭くなり、痛みを感じることによってさらに動かすことが億劫になるという悪循環が起こってしまいます。若いうちからきちんと肩関節の疲労を取りのぞくケアをつづけることでシニア世代になっても関節痛を予防することができ、軽快な運動が可能になります。また、肩関節のマッサージを入念に行うことでリンパや血液の流れが良くなり、肩だけでなく全身のケアにもつながります。

肩の凝りや痛みの対処法5選!

ストレッチ


肩こりは慢性的な運動不足によって引き起こされるため、ストレッチは肩こりに対しての基本的なアプローチとなります。ストレッチにはもともと「伸ばす」という意味があるように、普段の生活で凝り固まった肩関節を揉みほぐし、無理のない範囲で伸ばしていくことで可動域が広がり、血流が促進されて痛みや違和感が解消されていきます。1回のストレッチに長い時間をかける必要はなく、短時間のメニューを毎日コンスタントにつづけることによって効果が高まり、1日の疲れをきれいにリセットすることができます。

温熱療法

入浴は、ストレッチの効果を最大限に高めるうえできわめて重要です。第一に、熱湯による短時間の入浴は良くありません。忙しい現代人ほどいわゆる「カラスの行水」の傾向がありますが、肩こりのケアにはまったく適していません。入浴中に全身の血流を促進し、筋肉のこりをほぐすためにも、最低でも30分間は浴槽に浸かり、ゆったりとした時間を過ごしましょう。このとき、最適なお湯の温度は真冬で約40℃、夏ならば38℃と言われています。お風呂で大量に汗をかくほど代謝が良くなると思いがちですが、医学的には長時間の半身浴がより効果的であるとされています。1時間以上の半身浴では実感以上に大漁の水分が失われるので、入浴中も頻繁に水分補給をしましょう。飲み物の選び方も重要で、高糖度のスポーツドリンクは肥満になりやすいので、できるだけカロリーオフの飲料を選ぶようにしましょう。

ツボ押し


ツボ押しは、肩こりや腰痛など、慢性的な体の不調へのアプローチとして最適です。東洋医学に根ざした知識を取り入れることで、筋肉や関節を包括的にケアすることができ、体液の循環も良くなります。基本的なマッサージとストレッチによって筋肉疲労の回復、機能の強化などの効果が期待でき、西洋医学的なアプローチとは異なり薬の副作用の心配がないため、安心して長く施術を受けることができます。基本的なメソッドは自宅で簡単に模倣できるものなので、仕事の合間や入浴中に実践して肩こりの痛みをリセットすることができます。東洋医学は内側から代謝を活性化させるアプローチに長けているので、ツボ押しによって肩こりだけでなく、内部の機能不全を改善する効果があります。

休日は散歩をする


定期的な散歩は、血液の循環の面でも重要な意味をもちます。同じ姿勢を長時間維持すると、血液が特定のエリアで停滞し、最悪の場合は血栓が形成されます。下肢の血管に血栓が形成されると、いわゆるエコノミークラス症候群になり、血栓が肺や脳の血管に入り込み、死に至る危険性があります。適度なウォーキングによって体全体の筋肉を動かすことにより、末梢血管に血液が行き渡りやすくなり、その結果、冷え症、肩こり、下半身のむくみなどがなくなり、疲労感を感じにくい体質へと変わっていきます。また、体を適度に動かすことで心身をリフレッシュさせ、自然と筋肉の緊張をやわらげます。ストレスを適切にコントロールすることが何よりも大切であり、森林浴など普段はなかなか行く機会のない自然豊かなエリアを散歩して脳を刺激します。男性と女性ともに、ホルモンバランスのわずかな乱れがあらゆる深刻な病気につながることが医学的に証明されています。一定のリズムで歩くことでホルモンバランスが自然に正常化し、冷え症などの慢性症状が緩和されていきます。とくに、女性はホルモンバランスの異常に敏感であると言われており、忙しい時でも毎日約30分程度はウォーキングを取り入れることが推奨されています。

フレグランス効果を取り入れる

より効果的なストレッチにおいては、フレグランス効果も無視できません。エステサロンなどでマッサージにアロマセラピーを取り入れているのは心地よい香りで心身をリラックスさせ、マッサージ効果を高めるためであり、医学的にも理にかなっています。自宅でのマッサージでも、たとえばアロマの香りで部屋を満たして特別な空間をつくることで、よりゆったりした状態で筋肉をリラックスさせることができます。数ある香りの中でも、甘い香りがリラクゼーション効果が高いと言われており、同じメニューであっても、アロマを取り入れたほうがマッサージ効果があきらめて向上すると言われています。ここ数年は、一般のリハビリ施設などでもアロマテラピーなどを取り入れたよりリラックス効果のあるマッサージが主流になりつつあります。心地よいBGM、間接照明、香りなどを組み合わせることで、非日常的なリラクゼーションタイムを生み出すことができます。

まとめ


慢性的な肩こりを放置していると、血流やリンパの停滞から頭痛やめまい、吐き気などが誘発されます。ツボ押しや半身浴、リラクゼーションマッサージなどさまざまなアプローチによって凝り固まった筋肉や関節を揉みほぐし、肩こり知らずの体質を手に入れましょう。
肩のマッサージの効果的なメソッドと気をつけたいこと

肩は日常生活でとくに負荷がかかりやすい部位であり、「若年性肩こり」という言葉があるほど、痛みを感じやすい場所でもあります。肩を効果的に揉みほぐし、筋肉の緊張をとることによって全身の血流が促進され、代謝率のアップにつながります。肩に負荷がかかる原因と正しいマッサージのメソッドについてまとめました。

Related post

Recent Comments

    Categories