盛り上がり必至の小ネタをお届け

ストレッチの効果を高めるマッサージシート!正しい選び方は?

椅子にゆったりと座っているだけで手軽にリラックス効果が得られるマッサージシート。自分でストレッチを行うよりも格段に楽ですし、なおかつ、全身の筋肉を過不足なく揉みほぐしてくれるという点で非常にすぐれています。ストレッチ効果を高めるためにチェックしておくべきマッサージシートの選び方やより効果的なシートの使い方についてまとめました。

マッサージシートの効果

筋肉がまんべんなく揉みほぐされる

ほとんどのマッサージシートにはいくつものもみ玉が搭載されており、前後左右の動きによって全身の筋肉を過不足なく揉みほぐし、リラックスさせてくれます。「普段はなかなか動かす機会のない細かい筋肉まで揉みほぐすことができる」というのがマッサージシートを使う大きなメリットであり、筋肉によくはたらきかけてくれるマッサージシートを選ぶことがストレッチ効果を最大限に高める絶対条件と言えます。ここ数年はマッサージシートの差別化が格段に進み、低価格で充分なリラクゼーション効果が得られるものも多数出まわっていますので、事前に情報を集めたうえでコスパの良い商品を選びましょう。

血流が促進される


肩や腰のこりがひどくなるのは、その部分の血流が停滞し、慢性的に冷えることによって筋肉が拘縮するためです。言い換えれば筋肉を効率よく揉みほぐして血流を促進すれば筋肉の可動域が広がり、体温も上昇して慢性冷え症の解消につながります。体型に合ったマッサージシートで筋肉をもみほぐすことにより末梢血管にまで血液が行きわたるようになり、慢性的なこりや痛みをやわらげる効果があります。本格的なストレッチの前に使用すれば筋肉の温度が上昇して準備運動につながりますし、ストレッチ後に数十分間使用すれば疲労した筋肉が少しずつ揉みほぐされ、血流の停滞をふせぐことにもつながります。

骨盤のゆがみがとれる


ほとんどのマッサージシートは日本人の骨格に合わせ、体型のゆがみを自然と矯正できるようにつくられています。マッサージシートに座っているだけでとくに何もしなくても骨盤矯正ができるということで、体のバランスがととのえるため筋肉の痛みもやわらぎ、可動域も広がっていきます。より細分化されたものではO脚専用シートや腰痛解消用シートなど、ユーザーの細かいニーズに合わせてさまざまなパターンのマッサージシートが開発されているため、いくつか試してみるのもかしこい方法です。

気持ちがリラックスする


マッサージシートに座っただけで何となく気分がリラックスする、という経験は誰にでも少なからずあるのではないでしょうか。それは心理効果の一種でもありますが、物理的に筋肉や関節をもみほぐすことによって血流が活性化し、蓄積していた老廃物の代謝が促進されることで疲労やストレスが軽減される、という効果も実証されているようです。もちろん、マッサージによってリラックス効果を得るためには自分の骨格にフィットしたシートを選ぶことが前提条件ですので、マッサージシートの購入にあたっては事前の情報収集を入念に行うようにしましょう。

疲れにくくなる

マッサージシートは筋肉をまんべんなく揉みほぐし、全身をリラックスさせるためにつくられています。人間は「疲れているからこりを感じる」のではなく「こりがあるから疲れているように感じる」ことがわかっています。質の良いマッサージによって普段は動かすことのない筋肉を揉みほぐし、適度な刺激を与えることで不要な老廃物の排出を促し、結果として疲労が蓄積しにくい体質に近づけることができます。

マッサージシートを選ぶポイント

もみ玉が搭載されている

ほとんどのマッサージシートにはいくつかのもみ玉が搭載されていますが、注目すべきなのはその可動域です。性能の良いマッサージシートはもみ玉の数が多いだけでなく、ひとつひとつのもみ玉の可動域が幅広く、まさに「こっているところにもみ玉が届く」ような感じで全身の隅々まで筋肉を揉みほぐしてくれます。可動域だけでなく動きの繊細さも重要なチェックポイントで、いくらもみ玉がよく動くからといっていちばんこっているところにマッサージが行き届かないようでは意味がありません。もうひとつのチェックポイントは、価格にはあまりこだわらないことです。安価なタイプだからといってもみ玉が粗末につくられているということにはなりませんし、また、値段の高い商品だからといってそれに比例して抜群のマッサージ効果が得られるというわけでもないでしょう。本当の意味で優先すべきは体へのフィット具合であり、値段が安くてももみ玉がきちんと動き、揉みほぐしたい筋肉を的確に刺激できれば、それがあなたにとって最適のマッサージシートなのです。

マッサージの範囲

マッサージシートのタイプによって、揉みほぐせる範囲が違います。また、最近では肩こり専用、腰痛専用などと特定の部位に特化したマッサージを行うシートも増えてきており、ユーザーの選択の幅はさらに広がりつつあります。リラクゼーション効果にポイントを置いているのであればもみ玉の可動域が広く、全身をバランスよくほぐせるタイプのシートがおすすめですし、コスパの面でも期待できるでしょう。ただし、可動域のせまいマッサージシートにも「特定の筋肉を重点的に揉みほぐせる」というメリットがあり、必ずしも広い範囲をマッサージできるシートだけが良い、ということでもありません。とくにふくらはぎや太ももを重点的に揉みほぐすことによって血栓症やエコノミー症候群などの予防につながりますので、デスクワークや立ち仕事の多い方は下半身のマッサージに特化したシートを選ぶと良いかもしれません。

動きのパターン

もみ玉の振動がワンパターンでは、きまりきった筋肉しか揉みほぐせないことになり、本当の意味で効果的なマッサージにはつながりません。性能の良いマッサージシートはもみ玉の動きのバリエーションにもこだわっており、微弱の振動から波うつような振動、ひねりをくわえるような振動まで、あらゆるタイプの動きによって筋肉を多角的に刺激してくれます。筋肉によってそれぞれ刺激を受けやすい角度と方向がきまっており、複数のパターンの振動を効果的に組み合わせることで普段のストレッチではほぐすことのできない筋肉まできちんと弛緩させ、疲労を取りのぞくことができると言われています。

コンパクトであるか

マッサージシート購入にあたって見落としがちなのがサイズ感です。とくに集合住宅などの場合、事前にサイズをきちんと考えたうえで商品を選ばなければ部屋にさえ入らない、という事態になりかねません。部屋に入れることはできたとしても、マッサージシートはいったん設置したら頻繁には出し入れできないものなので、スペースを余分にとってしまい、結果的に使わずに終わる、というパターンも決して稀ではありません。最近ではマンション用のコンパクトサイズのマッサージシートも増えているため、ひとり暮らしの方でもリラクゼーション空間を手に入れることができるようになりました。また、比較的広い一軒家であっても本格的なマッサージシートを置くとなると意外にスペースをとられるものなので、ネットで購入する際はとくにサイズ感に注意するようにしましょう。

フィット感

どんなに高級で機能が充実したマッサージシートでも座り心地が悪ければ意味がありません。とくにマッサージシートは骨盤を後屈させたある意味では不自然な体勢で腰かけることになるため、体にフィットしているか、ということが何よりも重要なチェックポイントになるのです。本当に体にフィットするマッサージシートに座ると全身がシートに包み込まれるような感覚になり、普段はこっているはずの筋肉がただ座っているだけで自然とほぐれていくように感じるのだそうです。シートのフィット感は必ずしも価格に影響されるものではありません。リーズナブルなシートでもマッサージ性能は格段に向上していますし、コスパが釣り合うようになってきています。シートのフィット感を確かめるためにも、マッサージシートはできることならネット経由ではなく店頭で直接購入するようにし、サイズのミスマッチなどが起こらないようにしましょう。

編集部イチオシ!おすすめマッサージシート

ALINCO(アルインコ) シートマッサージャー ヒーター搭載 どこでもマッサージャー モミっくす Re・フレッシュ MCR2216(T)


もみ玉だけでなく、ヒーターの性能にもこだわり抜いたこちらのマッサージシート。筋肉は温めることでよりリラックスする、というスポーツ医学の原則にもとづき、保温効果の高いヒーターが日頃緊張している全身の筋肉をくまなく揉みほぐし、極上のリラクゼーションを与えてくれます。

ツインバード シートマッサージャー ブルー EM-2537BL


ワンランク上のリラクゼーション空間をコンセプトに設計されたこちらのマッサージシート。もみ玉の可動域も広く、なおかつ振動のバリエーションが豊富なのでめったに動かすことのできない細かい筋肉まで時間をかけて揉みほぐすことができます。

フジ医療器 シートマッサージャー(ブラック)my relax(マイリラ) MRL-1100BK

日本人の体型の特徴を知り尽くしているこちらのマッサージシート。医療機器の専門メーカーがデザインしただけあってフィット感は抜群。数種類のもみ玉が細かい筋肉をじっくりと揉みほぐし、たんなるリラクゼーションにとどまらない医学的な見地からのマッサージを実現します。

(富士メディック) 医療機器認定 シートマッサージャー レッド 赤 (4つの強力揉み玉が温めながらコリをほぐす!) マッサージ機 軽量 3㎏ 折り畳み 移動も楽々 シンプル操作


医療機器メーカー設計のマッサージシート。マッサージシートのなかではめずらしく折り畳みが可能なタイプで、なおかつ総重量が3kgと軽量なため女性ひとりでも軽々と持ち運ぶことができます。折り畳めるということで外泊先にも持っていくことができ、出張や遠征でも自宅と変わらない極上のリラクセーション空間を演出することができます。

Ficmax レーシングスタイルバケットシートは大きなサイズゲーム回転チェアーで、伸縮可能のフットレスト、腰椎マッサージ機能と調節可能なヘッドレスト枕が付きます(レッド/ホワイト/ブラック)

ゲーム用回転式チェアとして設計されたマッサージシートで、可動式のフットレストやフィット感抜群のヘッドレストが安定感を高めます。腰を重点的に揉みほぐしてくれるため長時間のゲームでもストレスを感じることなく、気分をリフレッシュさせることができます。

まとめ

マッサージシートのチェックポイントは、もみ玉、サイズ、フィット感です。マッサージシートを選ぶことは、自分の体について細かく把握することです。初心者のうちは専門家のアドバイスを受けつつ、本当の意味で自分に合ったマッサージシートを長く愛用しましょう。
ストレッチの効果を高めるマッサージシート!正しい選び方は?

椅子にゆったりと座っているだけで手軽にリラックス効果が得られるマッサージシート。自分でストレッチを行うよりも格段に楽ですし、なおかつ、全身の筋肉を過不足なく揉みほぐしてくれるという点で非常にすぐれています。ストレッチ効果を高めるためにチェックしておくべきマッサージシートの選び方やより効果的なシートの使い方についてまとめました。

Related post

Recent Comments

    Categories