盛り上がり必至の小ネタをお届け

学校にぴったりのナチュラルメイクの方法!おすすめプチプラブランドも

2018.05.17

メイクは大人女性のものだけではありません。学校に通う年頃の女の子に似合う学校メイクは、ナチュラルに見えるのが基本。パッチリ目になれるメイク法をマスターしましょう。

ナチュラルな学校メイクをするポイント

日焼け止めを塗る

欧州では、小さい頃からシミ対策の一環として日焼け止めを塗る習慣があります。シミ、そばかすのできやすい肌質だという理由がありますが、日本人も、早くからシミ対策を行うことによって、将来のシミ、シワ等の肌トラブルを予防することができることをご存知でしょうか。

ですが、どの日焼け止めでも良いわけではありません。汗を掻く機会の多い人はウォータープルーフ仕様のものを、敏感肌の人は紫外線吸収剤等の添加物を含まない天然素材のものを、ニキビ肌の人は敏感肌仕様のものを選びましょう。

ちなみに、日焼け止めを落とすには、クレンジングを用いるのが一般的ですが、クレンジングで肌を傷める恐れがあるため、成分、素材には、十分に注意して選ぶことをおすすめします。

例えば、天然素材のもの、敏感肌用のものは、洗顔石けんで簡単に落とせるものもありますが、ウォータープルーフ仕様のものに関してはクレンジングが必要な場合もあります。購入する際は、成分、使用方法等を確認した上で購入してください。

フェイスパウダーで仕上げをする

ファンデーションよりも油分が少ないフェイスパウダー。フェイスパウダーには、皮脂を吸着し、メイクの崩れを防いでくれるというメリットがあることをご存知でしょうか。

ただ、シミを予防するためのものではありません。一般的には、ブラシを使用して付けるルースパウダーと呼ばれるパウダー状のもの、パフを使用して付けるプレストパウダーと呼ばれる固形状のものの2つのタイプがあります。

選ぶ基準は肌質にありますが、ニキビ肌、敏感肌の人は、ブラシの毛先が肌に痒みや赤みを発生する恐れがあるため、肌に負担をかけないパフを選ぶことをおすすめします。

ビューラー+透明マスカラで目元ぱっちり

パッチリとした目もとは、女性の憧れの目もとになります。一重の小さい目、または奥二重の人でも、ビューラーでまつ毛をしっかりとカールさせ、透明マスカラを塗ることによって、自然な、尚且つパッチリとした目もとをつくることができます。

透明マスカラを塗る時は、まつ毛の生え際から毛先に向けて、しっかりと持ち上げるように丁寧に塗っていきましょう。下まつ毛を塗る時は、慌てないこと。落ち着いて、1本ずつ塗っていく気持ちで塗ると、ダマにならずに綺麗に塗ることができます。

学校メイクにおすすめのプチプラコスメブランド

昨今は、気軽にメイクを楽しむことができる、安価な価格で購入できるプチプラコスメが売られております。今、もっとも人気のある3つのブランドを紹介します。

CANMAKE(キャンメイク)

CANMAKE(キャンメイク)は、創立30年を超える老舗のプチプラコスメブランドになります。こちらのブランドのコンセプトは「かわいく・たのしく・輝きたい」。

アイメイク、ベースメイク、ネイル、リップ、アクセサリー等、すべてお小遣いで買える低価格が魅力のプチプラコスメになり、学生たちのマストアイテムと言っても過言ではありません。

チープさを感じさせないパッケージは、可愛さを出すだけでなく、使いやすいミニサイズが中心となっており、コスメポーチに入れて持ちやすいと高い評価をもらっております。

ちなみに、こちらのブランドのロングセラーコスメは、口コミから人気に火が点いたフェイスパウダーになります。10種類の美容成分、天然ミネラルパウダーを配合し、香料、タール系色素、界面活性剤、アルコールはすべてフリーの無添加処方となっております。洗顔石けんで落とせるフェイスパウダーは、ファンデーション、日焼け止め要らずのUV仕様となっており、毛穴、シミをカバーする高いカバー力も持ち合わせております。

Visee(ヴィセ)

Visee(ヴィセ)は、コーセー化粧品のプチプラコスメブランドになります。2017年度ベストコスメに輝いたクリスタルディオリップスティック、ヌーディフィットファンデーション、ジェミィリッチアイズの3点は、若い人気に人気の女性誌の特集で、第一位、第二位に輝いた人気商品となっております。

こちらのブランドのコンセプトは、上質感・本物感あふれる大人レディなグラマラスを提案。コンセプトのイメージに合ったタレント・ローラを起用したCMは、記憶されている人も多いのではないでしょうか。

こちらのブランドの特徴は、大きく分けて2つあります。1つ目には、すべての商品に、保湿効果の高いコラーゲン、ヒアルロン酸、スクワラン等の美容成分を配合していること。若い人は熟女、シニア世代の女性に比べ、皮脂に分泌が活発なため、乾燥、しわ等の肌トラブルには縁がないかもしれませんが、肌再生に働くコラーゲンは、20歳を境に徐々に減少すると言われております。減少してしまう前に、補う習慣をつけておきましょう。

2つ目は、顔に立体感を出すピュアゴールドを配合していることになります。ローラのような目鼻立ちのはっきりとした顔を目指したい人は、まずはポイントメイクから始めてみてはいかがでしょうか。

最後に、パッケージについてですが、Visee(ヴィセ)の人気を後押ししたのは、パッケージと言っても過言ではありません。大人っぽさを出す黒を基調に、花柄デザインをチョイスしたシンプルデザインは、若い女性だけでなく、アラフォー世代の女性が持っていてもおかしくないデザインに仕上がっております。

エッセンス

エッセンスと聞くと、アロマオイルで使用するエッセンスオイル、もしくは美容液のことを思い浮かべますが、実は、そうではありません。フランス発ヨーロッパで販売されているプチプラコスメブランドになります。

こちらのブランドは、広告、宣伝にはお金をかけず、成分、品質に強いこだわりを持ち、動物実験等は行わないことをコンセプトとし、厳しい検査をクリアした商品のみを販売しています。

フランスだけでなく、ヨーロッパ各国、アメリカ等でも、新商品の販売を心待ちにしている女性は多く、高品質なプチプラコスメとして、若い女性から大人の女性まで、幅広い年齢層に人気のコスメブランドとなっております。

高品質低価格を実現する理由は、こちらのブランドが持つ徹底したコストカットに、その秘密があります。テレビCM、雑誌への広告、宣伝は一切行いません。そのコストを成分、品質、研究にかけており、生産に関しては、独自規則をつくり、その規則に基づいて製造する信頼できるパートナー企業のみ生産を許可する徹底ぶりです。

品質、成分、安全性にこだわりを持つ人は、こちらのブランドを一度試してみてはいかがでしょうか。但し、こちらのコスメは海外ブランドになりますので、現地へ行った時に購入するか、もしくは個人輸入、海外輸入を行うショップから購入しなければなりません。

ちなみに、アイペンシル、リップカラー、アイシャドウ、アイライナー等すべて500円以下の安心価格となっております。

学校メイクにおすすめプチプラアイテム

学校にもしていける学校メイクの基本は、周囲にバレない薄付き仕様になります。自然なアイメイク、チークカラーで、クラス1のとびっきり美人を目指してみませんか。おすすめのプチプラアイテムを紹介します。

セザンヌ トーンアップアイシャドウ 01 ナチュラルブラウン

セザンヌ トーンアップアイシャドウ 01 ナチュラルブラウン

セザンヌ化粧品のトーンアップアイシャドウには、ナチュラルブラウンをはじめ、ローズブラウン、チャコールブラウン、ピンクブラウン、ナイトネイビー、オレンジカシスの6つのパターンがあります。この6つの中でも、学校メイクにおすすめのカラーが入っているのがナチュラルブラウンになります。

どのタイプにも、ベースとなる微細パールが配合された明るさベース、二重のラインを綺麗に見せる肌なじみカラー、アイライナーで引いたような引き締め効果のある引き締めカラーの3色がセットになっております。

肌に負担をかける恐れのある香料、鉱物油、界面活性剤、タール系色素、アルコールの添加物は、すべて不使用となっております。薄付きブラウンカラーで、パッチリ目もとを完成させましょう。

ケイト アイシャドウ ブラウンシェードアイズN BR-3[セピア]

ケイト アイシャドウ ブラウンシェードアイズN BR-3[セピア]

国内大手コスメメーカーカネボウから販売されているケイトは、ファンデーションほか、アイシャドウ、チーク、アイライナー、アイブロウ等、コスメアイテムがすべてそろう、人気のプチプラコスメになります。

学校メイクにおすすめのアイシャドウは、アイシャドウ ブラウンシェードアイズN BR-3になります。こちらのアイシャドウは、目もとを華やかに見せてくれエレガントなピンクブラウンを基調にした5つのカラーがセットされております。

ちなみに、フェークシェードパウダー、ブロンザーの2色を使うことで、ホリの深い目もとを演出することができる骨格リメイクと名付けられたアイシャドウになります。

キャンメイク グロウフルールチークス02 アプリコットフルール 6.3g

キャンメイク グロウフルールチークス02 アプリコットフルール 6.3g

キャンメイク グロウフルールチークスは、販売価格800円前後というコスパ最強のパウダーチークになります。アプリコットフルールほか、ウェディングフルール、ストロベリーフルール、ピーチフルール、フューシャベリーフルール、ミルキーレッドフルール、フェアリーオレンジフルールの7つのパターンがありますが、もっとも自然に見え、若い世代の女性の頬におすすめの色が、アプリコットフルールになります。

どれも白っぽいカラーから、鮮やかな発色の良いカラーまで5つのカラーがセットされており、単色使いでも、2~3色を混ぜて使う多色使いでも問題ありません。

ちなみに、配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、アルブチン、エクトインといった美容成分に、ザクロ花エキス、ローズヒップ油、ローズマリー葉エキス、ノイバラ果実エキスの様々な果実エキス等になります。

メリットは、粉浮きしない、ツヤがあること。ソフトフォーカスパウダー、崩れ防止パウダーが皮脂の分泌による毛穴の開きをしっかりとカバーし、ふっくらとした頬をつくってくれます。10代の肌に嬉しい無添加処方となり、香料、鉱物油、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、アルコールすべて配合されておりません。

まとめ

 

誰の上にも、時は平等に進んでおります。大人になり、あの頃は楽しかったと思い出せる仲間がいることは大変に喜ばしいことです。その仲間とのいちばんの思い出は、メイクの時間、会話だったのではないでしょうか。プチプラコスメで、キラキラと輝く女性を目指してみませんか。

Related post

Recent Comments

    Categories