盛り上がり必至の小ネタをお届け

ヘアアイロンの収納はどうする?役立つアイディアやグッズ

2018.05.17

ヘアアイロンを使っているときは気付きませんが、使い終わるとどこに直しておけばいいのか迷ってしまいます。そこでヘアアイロンを収納するための専用の入れ物や、格安で購入できる代替用のオシャレな収納ボックスを使って格納しておきましょう。

難しいヘアアイロンの収納

ヘアアイロンの収納するときに問題となるのがいろいろとあります。そこでヘアアイロンを格納しておくうえで問題なのが、直す場所や熱いままでは直せない問題、コードが邪魔をして場所をとってしまいます。そんなヘアアイロンを収納するときの問題点を詳しく紹介します。

熱いまましまえない

ヘアアイロンを使った後にすぐに直せない理由として厚すぎてそのまま直すことが出来ません。ヘアアイロンを終わってからそのまま直せればすぐに直してしまうのだが、熱いので、時間を置いてから直さなければ行けません。

そこで、時間を多い手からもう一度直すなんてすぐに忘れてしまって、直すこと自体をしないまま放置してしまいがちです。一度その場を離れたから他のことをしていると、ヘアアイロンを直そうという機が薄れてしまうのもあり、熱さが冷めるのを待ってからなお薄ことを中々しません。

コードが邪魔になる

ヘアアイロンを使い終わってから熱いので冷めるのを待って直そうとしたときに、コードが邪魔になってしまって直しにくくてつい直すのを止めてしまうこともあります。そこでコードを小さくまとめてから直すしか方法がないので、まとめてから収納場所を少しでも小さくしてから直します。ヘアアイロンの本体だけではなく、コードも含めてから収納する方法を考える必要があります。

場所をとる

コードが邪魔になるのと同じくらい不便なのが、ヘアアイロンを収納する場所の広さが必要になります。いくらっこー度をまとめてもヘアアイロン本体自体が場所をとってしまって直しにくくなります。ヘアアイロンを出来るだけコンパクトにまとめてから収納場所が小さくても澄むようにしたいのですが、そうも行きません。ヘアアイロン自体の大きさがありその分の広さの収納場所が必要になります。

市販の便利な収納グッズ

ヘアアイロンを収納するのに専用の市販のグッズがあります。収納ボックスや収納袋などヘアアイロン専用の収納ボックスを使って、きれいに直しておくのに便利なものをピックアップしています。いろんな収納方法があるので気に入った収納方法で使わないときは収納しておきましょう。

専用スタンド

ヘアアイロンを直す場所をとらないようにするために専用のスタンドというものも販売されていてその専用スタンドを使うとコンパクトに格納することが出来ます。洗面所の片隅に立てかけるように、スタンドにヘアアイロンを立てかけることが出来る専用のスタンドになります。ヘアアイロンの専用スタンドになるので、場所をあまり取らないでスタンドに差し込むだけで縦にヘアアイロンを格納することが出来ます。

収納ポケット

ヘアアイロンスタンドには穴が付いていて、その中にヘアアイロンを縦に入れ込むタイプがあります。大砲のような形をしていて、筒の部分が穴が開いていて、その中にヘアアイロンの手持ちの部分を差し込んでから建てて保管するタイプとなります。コレだとヘアアイロン専用のスタンドなのでヘアアイロンを立てに差し込んでから格納するようになります。

ヘアアイロンホルダー

ヘアアイロンスタンドと似たような形でホルダーというものがあります。ヘアホルダーはスタンド形式に建ててから格納するものからカバーのユニしてヘアアイロンを直すことが出来るタイプのものもあります。ホルダーの場合は、ヘアアイロンが熱いままの状態でホルダーに差し込んでから保管することが出来るタイプもあります。そのため、ヘアアイロンが冷めるのを待つ必要がなく、使った後にそのままホルダーに差し込んでから直すことが出来ます。

ケース

ヘアアイロンを収納するためのケースなども販売されています。ヘアアイロンの熱い部分だけを収納する収納ケースもあれば、ヘアアイロン全体を収納できるようなケースもあります。ケースは耐熱性となっていて熱いままヘアアイロンを収納しても問題ありません。

ヘアアイロンの収納に使えるアイテム

ヘアアイロンを収納するにはいろんなものがあります。その中で100円ショップでも買えて収納に使えるものがあります。そのヘアアイロンを収納するために格安で使えるアイテムを詳しく紹介します。

突っ張り棒やフック

100円ショップでも気軽に購入できるツッパリ棒やフックを使ってヘアアイロンは簡単に収納できます。デッドスペースに突っ張り棒を張ります。張った棒にS字フックをかけていきます。そのS字フックにヘアアイロンをかけるだけで簡単にヘアアイロンを収納できます。

ファイルボックス

ファイルボックスを使ってヘアアイロンを収納することも出来ます。ヘアアイロン専用のファイルボックスを使うことができます。ファイルボックスは100円ショップでも購入できる「物でヘアアイロンを冷やしてからファイルボックスに収納することが出来ます。

ワイヤーネットやワイヤーカゴ

ワイヤーネットを壁にかけてからその上にワイヤーかごをかけてからヘアアイロンを置くことが出来ます。あいている壁のスペースにかけるだけでヘアアイロンの収納スペースを確保できるので、邪魔にならないで置いておくことが出来ます。ワイヤーボックスは100円ショップで購入できるので、材料費もかかりません。

オシャレに整理できるアイディア

ヘアアイロンを専用のアイロンケースなどに入れてもいいのですが、100円ショップなどでも変えるアイテムを使ってからオシャレに収納することが出来ます。それも、ちょっとした工夫をするだけでオシャレにヘアアイロンを格納しておくことが出来ます。100円ショップなどでも購入できるオシャレな収納ケースをいくつかピックアップしています。自分尾好みに合った収納方法をやってみましょう。

耐熱ガラスの瓶や花瓶を使う

ヘアアイロンを格納するのに、おしゃれにしたい場合、ガラスの瓶や花瓶に入れておくこともできます。瓶や花瓶だと耐熱性のあるものを利用することで、ヘアアイロンを指してから置いておくことが出来ます。それだけではなく、インテリアの1つとして飾っておくこともできます。使っていない花瓶などがあれば再利用できます。

オシャレなバケツを使う

バケツを使ってからヘアアイロンを置いておくことも可能です。100円ショップでも売っているバケツで金属製の耐熱効果があるバケツであればヘアアイロンを入れておいておくことができます。化けてでも絵がかかれていたり色が塗られているようなオシャレなものもあるので、オシャレなバケツにヘアアイロンを置いておくことも出来ます。

単管パイプを使う

ヘアアイロンの変わった収納方法としては、短観パイプを使ってその中に収納することが出来ます。単管パイプには色を塗ったりシールを貼ったりすることでオシャレなパイプに変えることが出来ます。そんな単管パイプにヘアアイロンを入れることでオシャレに収納することが出来ます。

アルミ缶を使う

アルミ缶を使うことでオシャレにヘアアイロンを格納することが出来ます。それにはラベルをはずしてからアルミ缶のみにしてからワイヤーネットにかけます。ワイヤーネットにアルミ缶をかけてからその中にヘアアイロンをさしてから入れておくことが出来ます。なんとなくレトロ感がありオシャレなインテリアとして利用できます。

まとめ

普段使っているヘアアイロンですが、直しておくのに場所に困ることがありませんか。そんなヘアアイロンを収納するための専用のケースや100円ショップで購入できるもので代用することもできます。

いろんなヘアアイロンの収納方法を紹介しているので参考にしましょう。目から鱗の格安でオリジナルのヘアアイロンの収納場所を確保することが出来ます。今までヘアアイロンを使った後にどこにおいておけばいいのか困っていた人にはいろんなアイデアが載っているので好きな収納方法を選んでから使ってみましょう。

Related post

Recent Comments

    Categories