盛り上がり必至の小ネタをお届け

ヘアブラシも定期的な掃除が必要?そのお手入れ方法とは…

2018.04.26

こちらでは、ヘアブラシも定期的な掃除が必要な理由とヘアブラシのお手入れ方法などについてご紹介します。あまり知られていないかも知れませんが、ヘアブラシも使いっぱなしではなく、しっかりとお手入れをする必要があるアイテムです。これまでヘアブラシの掃除やお手入れをしていなかったという方がいらっしゃいましたら今すぐにヘアブラシの掃除やお手入れをするようにしましょう。こちらでは、ヘアブラシがどうして定期的なお掃除やお手入れが必要なのかわからない方や、ヘアブラシのお手入れの方法について詳しく知りたいという方の為の情報をご紹介しています。

ヘアブラシのお手入れがなぜ必要?

こちらのページでは、なぜヘアブラシのお手入れがなぜ必要かという情報を最初にご紹介します。これまで屁ブラシのお手入れをしてこなかったという方は、こちらをご覧頂ければヘアブラシのお手入れが必要な理由がわかるはずですのでぜひチェックしてみてください。

ヘアブラシの掃除はついサボりがち……

トイレや机の上などと違いヘアブラシの掃除はサボリがちです。見た目にそれほど変化がないという事やそもそもヘアブラシが汚れるといった意識を持っていないという方が多いのが理由になりますが、ヘアブラシは頭皮に直接触れている部分ですし、もちろん髪の毛にも触れております。

頭皮から出る皮脂やフケ、髪の毛についた花粉や汚れ、ホコリなどがヘアブラシに付着していますので、せっかく髪の毛をキレイにシャンプーしてもお手入れや掃除をしていないヘアブラシを使うと汚れを再度つけてしまう事になるのです。見た目に騙されずにお手入れや掃除をするべきアイテムになっているのです。

ゴミが溜まったままにした場合の弊害

ヘアブラシにゴミが溜まったままにした場合の弊害としては、髪の毛にゴミがついてしまうという事が一点と、もう一つ考えられるのがダニやシラミなどがヘアブラシで繁殖してしまっていて、それらが頭皮に付いて頭皮を病気にしてしまう点です。もちろんそのような事は考えにくいのですが、全くのゼロではありませんので、ゴミが溜まったままにしているヘアブラシをそのまま使用するのはおすすめできないのです。

しっかりお掃除をすれば長く使える

しっかりお掃除をすれば、ヘアブラシは長く使う事ができます。ヘアブラシに髪の毛が引っかかっている状態で使用を続けると髪の毛が付いていない時と比べてブラシにかかる負荷が強くなります。そのまま使用し続けているとブラシ部分が欠けてしまったり折れてしまう事になりますのでヘアブラシの寿命を縮める結果に繋がります。しっかりとお手入れされているブラシであれば、長く使う事ができますので経済的です。

ヘアブラシのお手入れ方法

ヘアブラシの正しいお手入れ方法をご紹介します。ヘアブラシの正しいお手入れ方法を知らずにオリジナルでお手入れしてしまうと逆にヘアブラシを悪くしてしまう事にも繋がりますので、こちらで正しいお手入れ方法を確認するようにしてください。

シャンプーを使用し水洗いをする

シャンプーを使用し水洗いをするのが最も基本的なヘアブラシのお手入れ方法になります。水だけですとどうしても油脂やフケなどの油分を落としきるのが難しくなりますのでかならずシャンプーなどをしようするようにしましょう。汚れがひどい場合には、水ではなくぬるま湯などを使うのも効果的です。

ドライの状態で歯ブラシかクシで汚れを掻き出す

お水とシャンプーでヘアブラシのお手入れをする前に、ドライの状態で歯ブラシかクシを使って汚れを掻き出すようにしてください。水に濡れると抜け毛や汚れなどは取れにくくなるケースもありますので、事前にしっかりと歯ブラシやクシをつかって掻き出すようにして汚れを除去するようにしてください。

日常的にヘアブラシクリーナーでこまめにゴミをとる

日常的にヘアブラシクリーナーでこまめにゴミをとるのも重要です。シャンプーと水を使ったお手入れは毎日でなくても構いません。しっかりと日常的にヘアブラシクリーナーを使っておけば、そこまで汚れが蓄積しません。ヘアブラシクリーナーも沢山でておりますので、使用しているブラシの大きさやブラシ部分の密度などに合わせて選んでください。

素材別の正しい洗い方

素材別の正しい洗い方をご紹介します。ヘアブラシは色々な素材で作られている物が販売されております。日本国内で多いヘアブラシの素材としては、「プラスチック」、「木製」、「獣毛」の三種類ですが、その他にも色々な素材で出来たヘアブラシがあります。それぞれの素材にあった正しい洗い方ができるようにしっかりと洗い方の確認を行うようにしましょう。

なぜ素材によって違う掃除方法なのか

ヘアブラシは色々な素材で作られております。そのため同じ洗い方をすると効果的に汚れを落とせなかったり、素材によっては逆にヘアブラシを痛めてしまい寿命を短くしてしまうケースもありますので、先ずは素材別の正しい洗い方を確認するようにしてください。

動物性ヘアブラシの洗い方

イノシシやブタの毛で出来たヘアブラシは、頻繁に水洗いをしてしまうと痛めやすくなっております。そのため、定期的にシャンプーを使わずに水やぬるま湯に短い時間、軽く漬けるような洗い方がおすすめです。洗った後もしっかりと振って水分を落とし、毛先を下に向けてブラシの根元に水分が残らなくするようにしてください。水分が残ってしまうとブラシから獣臭がしたり、ブラシを痛める事に繋がります。

プラスチックヘアブラシの洗い方

プラスチック製のヘアブラシは、洗い方が非常に簡単です。特にブラシ部分だけでなく柄の部分もプラスチックのヘアブラシなら、水やシャンプーに長時間の漬け置き洗いもできますので非常に簡単です。シャンプーが付いている状態の髪の毛にヘアブラシを入れるだけでも洗浄効果がありますので、面倒なお手入れをしたくないという方はプラスチック製のヘアブラシがおすすめだと言えます。

おすすめ商品

こちらでは、ヘアブラシのお手入れにぜひ取り入れてもらいたいおすすめのケアグッズをご紹介します。色々なヘアブラシのケアアイテムはありますが、今回は効果だけでなくお値段と見比べコストパフォーマンスの高いケアアイテムを厳選してありますので、ヘアブラシのケアアイテムをお探しの方は、購入する際の参考にしてください。

創和 包んでポイッ ブラシの抜け毛と汚れ取りシート

創和リサイクルから発売されている「創和 包んでポイッ ブラシの抜け毛と汚れ取りシート」は、簡単にヘアブラシについている抜け毛や汚れを除去する事ができる便利グッズです。最初にこちらの汚れ取りシートをつけて使用する事によってブラシの根元に汚れを残さないようにする事ができます。ただし、ブラシ部分に獣毛が使われているヘアブラシは、逆に痛めてしまう恐れがありますので使えないケースもありますので注意してください。

マペペ ヘアブラシクリーナー

マペペから発売されているこちらのヘアブラシクリーナーは、熊手のような形をしたヘアブラシクリーナーとなっており、歯ブラシなどでは取れにくかった根元の汚れや抜け毛を効果的に除去する事ができます。獣毛のブラシにも使えますのでおすすめです。

HBC400 ヘアブラシクリーナー

ラッキーウィンクから発売されているこちらのヘアブラシクリーナーは、ハケタイプのヘアブラシクリーナーとなっております。綿棒などでは取れない抜け毛も一網打尽です。ヘアブラシの幅によっては一度で驚くほど取れますので使い勝手のよいアイテムだと言えます。

まとめ

ヘアブラシは、しっかりと正しいお手入れをする事によって長く使う事ができます。特にイノシシやブタの毛で作られているヘアブラシの中には非常に高価な物もありますので、しっかりとケアして長く使えるようにしてください。

ヘアブラシのお手入れが面倒という方もいますが、ヘアブラシクリーナーを使ったり、お手入れが簡単なプラスチック製のヘアブラシを使うなどすればお手入れも簡単です。今回紹介したヘアブラシのケアグッズ以外にも色々な便利グッズがありますので、自分のブラシにあったグッズを選んでみてください。

Related post

Recent Comments

    Categories