盛り上がり必至の小ネタをお届け

トリートメントとコンディショナーを比較!正しく使おう

2018.04.26

頭髪汚れがつきやすい部位であり、カラーリングやパーマをしている人は頭髪が傷みやすい状態になっています。シャンプーを使用した後は、トリートメントコンディショナーを使用して頭皮や頭髪の状態を整えるのが一般的です。

種類も多くあるので、コスパや頭髪に適したものを選んで使用する必要があります。今回はトリートメントとコンディショナーの使い方や、それぞれの効果の違いについて解説していきます。

コンディショナーとトリートメントの違い

保湿の違い

コンディショナーを使用すると、髪の毛には潤いが出ます。これは含有されている保湿成分の効果によるものです。コンディショナーに含まれている保湿成分が、髪の毛の表面に潤いをもたらします。トリートメントも保湿成分が配合されていますが、髪の毛の内部に浸透させる成分が中心です。すぐに保湿させる効果があるのではなく、時間をおいて少しずつ保湿するのがポイントになります。保湿効果はコンディショナーとトリートメントの違いより、含有されている成分の違いが大きいのも特徴です。

髪の傷み補修の違い

カラーリングやパーマなど、髪の毛や頭皮に刺激が強いものを行う場合、トリートメントが必要です。これは髪の毛の補修成分が含まれているためで、健康的な髪の毛を作ることが目的になります。コンディショナーに関しては、髪の傷みを補修することが目的ではありません。そのため髪の傷みを補修する成分の配合は少ないのが特徴です。ただし、保湿をしながら髪の痛みを軽減する成分が含まれているタイプもあります。トリートメントとコンディショナーが一体化した商品もあります。

髪の保護の違い

コンディショナーもトリートメントも保湿効果を促す点では共通しています。コンディショナーは頭髪の表面に対して効果があるのに対し、トリートメントは髪の内部に対しても効果があるのが特徴です。表面的な髪の保護という点では、それぞれに効果があるものの、髪の内部の保護になるとトリートメントの使用が必要です。トリートメントは髪のダメージを軽減することや保護することを目的に使用します。なりたい髪に応じたコンディショナーやトリートメントをしましょう。

コンディショナーとトリートメントの順番

コンディショナーとトリートメントの併用について

コンディショナーは髪の表面に対して使用するものであるのに対し、トリートメントは髪の毛の内部に対して使用するものです。使用する目的が異なっているため、それぞれを併用して使うことができます。併用する場合の注意点としては、洗った後はしっかりすすぐことです。髪に油分が残ったままの状態でいると、髪の毛のべたつきの原因になってしまいます。特にトリートメントは髪の毛の内部まで浸透させるため、すすぎ残しがないようにしましょう。

シャンプーをしてからコンディショナー

コンディショナーを使用するタイミングとして、洗髪した後がベストのタイミングになります。順番としては、先にシャンプーをしてからコンディショナーをするのが正しい順番です。シャンプーは水溶性の汚れを落とす力に優れています。コンディショナーを先に使ってしまうと、コンディショナーの成分が壁になってしまってシャンプーの邪魔をしてしまいます。洗顔をしてから化粧水を使うのと同じで、先に汚れを落としてから保護効果があるコンディショナーを使用します。

コンディショナーをしてからトリートメント

トリートメントには、髪の内部に対しての保護効果があります。トリートメントを使用すると髪の毛の汚れを防ぎ、髪の毛のダメージを軽減する効果があるのも特徴です。先にコンディショナーを使ってしまうと、トリートメントの効果が髪の毛の内部にまで浸透しません。そのためコンディショナーをしてからトリートメントを使用するのが一般的な流れです。使う順番を間違ってしまうと、十分な効果を得ることができないので気をつけましょう。

コンディショナーとトリートメントの選び方

髪のダメージが気になる人

コンディショナーとトリートメントを選ぶときに、共通している選び方のポイントは含有されている成分の比較です。髪のダメージが気になる場合は、植物由来の天然成分で組成されているものをおすすめします。コンディショナーはシャンプーで洗い流されるため毎日使用しますが、成分が髪の毛の内部に浸透するトリートメントは数日に一回程度の使用が基本です。使い過ぎてしまうと天然成分で組成されていても、頭髪トラブルが起こることがあります。

洗い流さないタイプと洗い流すタイプ

コンディショナーやトリートメントを使用する場合は、使った後にキレイにすすいで汚れを落とすのが一般的です。コンディショナーについては洗い流すタイプが中心ですが、トリートメントについては洗い流さないタイプのものも販売されています。洗い流さないタイプは、髪の毛をドライヤーから守る働きや保湿、ツヤを出す効果などがあるのも特徴です。すすがないため、洗うことによって髪の毛の保護成分が少なくなるのを防ぐ働きもあります。

パーマをしている人

コンディショナーやトリートメントを使用する場合に、パーマをしている人は使用頻度について気になるポイントです。これらを行うことによってパーマがダレてしまうかもしれない不安があります。基本的に最近のコンディショナーやトリートメントは、パーマをしている人でも安心して使用できます。ただし、界面活性剤や石油系の成分が多く含有されているタイプだと、パーマが取れやすくなる可能性があるので注意が必要です。含まれている成分がもたらす作用に気をつけましょう。

おすすめのコンディショナーとトリートメント

パンテーン コンディショナー エクストラダメージケア トリートメントコンディショナー 詰め替え 超特大 860g

パンテーン コンディショナー エクストラダメージケア トリートメントコンディショナー 詰め替え 超特大 860g

コンディショナーは、髪の毛を保護する成分が多く含有されています。この商品にはビタミンが多く含まれているのが特徴で、切れ毛や枝毛などの頭髪トラブルに対して効果を発揮するのが特徴です。髪のダメージ修復効果も高く、カラーリングやパーマ、整髪料などで傷んだ髪の毛にも安心して使用することができます。トリートメント成分も配合されているので、髪の表面だけでなく髪の内部にまで成分が浸透します。髪に潤いをもたらす効果にも優れています。

パンテーン コンディショナー エクストラダメージケア トリートメントコンディショナー ポンプ 400g

パンテーン コンディショナー エクストラダメージケア トリートメントコンディショナー ポンプ 400g

髪の毛に潤いを与える効果や、傷んだ髪の毛を修復する成分が含有されているコンディショナーです。潤い成分の働きにより、切れ毛や枝毛などのダメージを軽減することができます。ベリーブレンドやピンクジャスミンの香りもよく、いい香りがする髪の毛を作ることができます。トリートメント成分も配合されているので、コンディショナーとトリートメントを併用しているような効果が得られます。ライン使いでさらに高い保湿効果を実感することができます。大手メーカーが販売している製品ということもあり、信頼感もあります。

エッセンシャル コンディショナー しっとりツヤ髪 ポンプ 480ml

エッセンシャル コンディショナー しっとりツヤ髪 ポンプ 480ml

パサパサして、潤いが減っている髪の毛に効果を発揮するコンディショナーです。荒れているキューティクルを整え、根元から毛先までなめらかにします。髪の毛に対してしっかり成分が馴染むのも特徴です。使用することでしっとりして、ふわふわした髪の毛を作ることができます。天然成分が多く含まれていて、頭皮に対するダメージが少ないのも安心して使用できる理由の一つです。健康的な髪の毛を作りたい人にもおすすめの商品になります。

まとめ

いかがでしたか?トリートメントとコンディショナーは、髪の毛に潤いを持たせることやダメージを軽減するという点では共通しています。違うのは、髪の毛の表面と内部に効果を発揮するという点です。トリートメントやコンディショナーを選ぶ場合は、含有されている成分が安心できる成分かどうかということも確認しておく必要があります。シャンプー、トリートメント、コンディショナーの順番も守って使用しましょう。

Related post

Recent Comments

    Categories