盛り上がり必至の小ネタをお届け

ほうれい線をメイクでカバーするためには?対策法をしっかり把握することが大事!

ほうれい線があるとないとでは印象が大きく変わってしまいます。メイクでカバーしようとしても、すぐによれてしまって逆に目立ってしまう結果になることも。上手にカバーするためには、目立たせないメイク方法を知っておくことがポイントです。

ほうれい線による悩み、その悩みを解決してくれるメイク方法、また、おすすめのメイク商品などを紹介します。できてしまったほうれい線と上手くつきあって、年齢を感じさせない若い印象をキープしましょう。

ほうれい線ができる悩み

ほうれい線ができてしまうと、それまでのメイクのままではカバーできない悩みがでてきます。顔の印象を大きく左右する「ほうれい線」ができることで、どんな悩みが生じるのでしょうか。今はまだほうれい線がないという人も、今から知っておくことが大切です。

年齢が老けて見られる

ほうれい線は、気がつくといつの間にか目立つようになっているもの。鼻の両側から口元に向かって伸びる境界線ともいえるほうれい線は、一度深く刻まれてしまうと、若々しい印象から一転、一気に老けた印象に見られてしまいます。

これは、真皮の機能が衰えることで、皮膚のたるみが発生し、また、皮膚を支える表情筋が衰えて、ハリや弾力を失うために、重力によって垂れ下がってしまうからです。ほうれい線があるだけで、5歳から10歳も老けて見られてしまいますので、エイジングケアの中でも大きな悩みの1つとなっています。

メイクが濃くなる

これは、ファンデーションを全体に厚く塗ってしまうために、ほうれい線やシワに入り込み、それが目立って老け顔に見えてしまうために起こります。ファンデーションを厚く塗れば、ほうれい線が隠れるというのは間違ったメイクになります。塗り方1つで大きく変わってしまいますので、ファンデーションの塗り方に注意が必要です。

写真を撮るのが怖い

写真を撮る時は若々しくきれいに写りたいもの。しかしながら、ほうれい線を気にするようになると、いつもその線を気にしながら生活することになります。人から老けて見られているのだろうか、という不安感を抱いている人も少なくないでしょう。

カメラを向けられると、きれいに写りたくても、ほうれい線があるために、老け顔に写ってしまう、といつも不安にかられて、できれば写りたくないと避けてしまうことにもなりかねません。

人前で笑う事ができない

写真はもとより、ほうれい線の存在を常に意識するようになると、人前で笑うことすらできなくなってしまう恐れがあります。笑うとほうれい線は深くなり、老けて見えてしまいがちです。でも笑顔は女性にとって大切であり、人前で笑顔になれないということは大きな問題と言えます。

できてしまったほうれい線は、濃いメイクで隠したり、笑うことを抑えることで一時しのぎするより、目立たさないメイク方法を知り、上手につきあうコツを勉強してみてはいかがでしょうか。

ほうれい線を目立たなくさせるメイク

ほうれい線を恐れずに、それでも笑顔で過ごしたり、写真を怖がらずに撮るために、ほうれい線をメイクでカバーする方法を把握しておくことをおすすめします。

明るめのコンシーラーでほうれい線が目立つ影を消す

ほうれい線とは、厳密にはシワではなく、頬の肉と口元の境目にできる「影」が正体です。この影を消すことこそが、ほうれい線を消すことに繋がりますので、重要なステップとしてコンシーラーを使用します。

明るめのコンシーラーを、ほうれい線の影に見える部分に点々とのせて、ファンデーションとの境目を指の腹を使ってなじませます。そうすることで、明るい色と影が相殺しあい、ほうれい線が目立たなくなります。たくさん塗らずに、薄く塗ることがポイントです。

口紅は色の強いものではなく口元が上がって見えるものにする

口紅は、色が強いものではなく、コーラル系の色がおすすめです。口元が強調される色を使うとほうれい線が目立ちますので、肌馴染みがよい色を使うことが大きなコツです。ほうれい線が目立たないように、肌なじみの良い色を、口角を上げるように輪郭を描くことがポイントです。

光を出してくれるハイライトでほうれい線の影を消す

ほうれい線は、影が目立つことで浮き上がります。この影を消すために、ファンデーションを厚塗りする人がいますが、これでは影が消えることはありません。影を飛ばすために、光を出してくれるハイライトの登場です。顔を立体的に見せるだけではなく、ほうれい線隠しにもとても効果的ということを覚えておきましょう。

口元に影が出ないように、影の部分にハイライトを入れることで、影も切れますので、ほうれい線が目立たなくなる効果があります。

化粧の下地はシワ改善やシリコン入りを選ぶ

何度も書いているように、ファンデーションの厚塗りは、逆にほうれい線を目立たせます。そうならないために、シワ改善用、またはシリコン入りの化粧下地を使用するとよいでしょう。シワやほうれい線など、気になる部分に塗ると、目立たなくなる下地です。特にシリコン入りの化粧下地は、ほうれい線はもちろん、毛穴も目立たなくなりますので大変おすすめです。

ほうれい線を目立たなくするためのメイク商品

ほうれい線カバーにおすすめのメイク商品を紹介します。

ハーバー パーフェクトカバーコンシーラー ナチュラルベージュ

ハーバー パーフェクトカバーコンシーラー ナチュラルベージュ

ハーバー パーフェクトカバーコンシーラー ナチュラルベージュは、目の下のクマやくすみ、シミなどをカバーするコンシーラーです。筆タイプなので使いやすく、ほうれい線やシミ、クマなど、エイジングサインの肌の悩みをパーフェクトにカバーしてくれます。液状で馴染みが良いので、しっかりカバーしながら自然な仕上がり。くずれにくく、よれにくい。

 

LT エッセンスBBパウダー02

LT エッセンスBBパウダー02/自然な肌色 9g

LT エッセンスBBパウダー02は、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、ライズサポート成分配合、メイクしながらエイジングケアができるプレストパウダーです。ファンでのいらないハイカバータイプで、2色セットで簡単にメリハリ美肌を作ることができます。

 

セザンヌ ストレッチコンシーラー

セザンヌ ストレッチコンシーラー 10

セザンヌ ストレッチコンシーラーは、

 

カリプソ マジックコンシーラー ピンクベージュ

カリプソ マジックコンシーラー ピンクベージュ 30g

カリプソ マジックコンシーラー ピンクベージュは、表情の動きに合わせてピタッと密着、よれにくく、シワになりにくいストレッチ処方のコンシーラーです。高いカバー力で、きになる目尻のシワやほうれい線、毛穴などもしっかりカバー。ウォータープルーフで、水や汗、皮脂に強く、化粧崩れを防ぎます。

 

まとめ

ほうれい線は厚塗りメイクは逆効果です。ほうれい線を上手に隠すには、影を飛ばすハイライトと、口元に視線を向けさせない口紅のカラーがポイントです。コツを把握して、ほうれい線を上手にカバーして、若々しい印象をキープしましょう。

Related post

Recent Comments

    Categories