盛り上がり必至の小ネタをお届け

ビールでダイエット?!その驚きの痩せる仕組みとは・・・

今から苦にならず楽にダイエットする方法としてビールダイエットがあります。

好きなビールを飲みながらできる簡単なダイエット法なので楽にダイエットしたいという人やビールス気は参考にしてみてはどうでしょうか。

ビールダイエットの効果とは

ダイエットにもいろんな種類のダイエット法があります。その中でビールダイエットというものがあります。ビールダイエットはいったいどんなダイエット法なのでしょうか。ビールを飲むことでダイエットできるのであれば、ビール好きの人には最高のダイエット法ではないでしょうか。実際にビールを飲むことでどんな効果があるのか、具体的な効果について詳しく紹介します。

脂肪を燃やす

ビールを飲むことでダイエットできるその効果には脂肪を燃焼させてくれる効果があります。脂肪を燃焼させてくれるとはどういった理由によりビールで脂肪燃焼されるのか見ていきます。ビールにはビタミンB2が含まれていてそのビタミンB2により脂肪を燃焼する力があります。脂肪の代謝を活性化させてくれるビタミンB2を摂取することができるのがビールで、飲めば飲むほどビタミンB2を多く摂取できます。

それとは別にアルコール自体に脂肪の蓄積を抑える効果があります。ビールの2つの効果を発揮することで太りにくい体を作ることができます。ビールを飲むと太りやすいというのは迷信で、科学的には脂肪を蓄積しにくくしてくれて脂肪燃焼を高めてくれるという結果になりました。

消化器を整える

ビールには炭酸が含まれていて炭酸の活動により腸を刺激してくれて整腸作用が働き腸の働きを活性化させてくれます。腸の働きがよくなると便秘改善など快便へと導いてくれます。腸だけではなくなく、他の消化器系にもビールによって好影響を与えてくれて、アルコール分によって血液の動き自体も活性化させてくれるので健康には良いビールだということがわかります。

血糖値を下げる

ビールは糖質が多く含まれているので血糖値を上げるものと思われていますが、実はそうではなく血糖値を抑える効果があります。ビールによって糖の生成を抑える働きがあるインスリンの働きを促進する効果があり血糖値の上昇を抑えてくれるということで。意外ですがビールによって血糖値はあがるんではなく下がるという結果になっています。

ビールに含まれるダイエット効果のある栄養素

ビールを飲むことで痩せる効果があるというのがわかっていて、それはビールに含まれる成分を見てみるとはっきりとダイエット効果があることがわかります。世間の感じ方としてはダイエットをするにはビールを飲むのを止めるというのが一般的に言われていますが実際はそうではなく適度にビールを飲むのは痩せる効果があるということです。ビールに含まれている成分別にどんなダイエット効果があるのかを見ていきましょう。

ポリフェノール

ポリフェノールと言えばワインを連想する人は多いのではないでしょうか。ポリフェノールの効果はよく知られていて抗酸化作用があり体をさび付かせない効果があるということは多くの人が知っています。そのためワインブームが起きたのは承知の通りです。ポリフェノールによって脂肪燃焼を促進してくれてダイエットには最適な成分となります。ではポリフェノールがビールにも含まれているのをご存知でしょうか、ビールにポリフェノールは含まれていて、色の濃いビールになればなるほどポリフェノールの量が多くなっています。

ビタミンB群

ビールを飲むと太るというのが常識になっていますが、ビールはそんなに悪い飲み物ではありません。ポリフェノールも大量に含まれていてダイエット効果があるのことがわかっています。ではそれ以外にどんな成分が含まれているか見ていくと、ビタミン郡が多数含まれています。ビールに脂質の代謝を促してくれるビタミンB2、老化防止に効果があるビタミンB6、赤血球を作るときに必要なビタミンB12などが含まれています。

アミノ酸

体を構成する上で必要不可欠なのがアミノ酸です。アミノ酸はビールに多く含まれていて健康維持には欠かせない成分です。ビールを飲んでアミノ酸の量を増やしていくことができます。身体つくりには欠かせないアミノ酸をビルの成分には含まれていて体の形成に向けて必要不可欠な成分ではないでしょうか。

ビールダイエットの基本

ビールダイエットをするときに何時飲めば効果が上がるのかやどんな飲み合わせがよりダイエット効果を上げるのかについて詳しく紹介しています。初めて知るようなこともあるのでしっかりと理解してからビールダイエットをしてみましょう。

夕食前にビールを飲む

ビールダイエットを行うときに、ビールを何時飲むかも重要で、痩せたいのであればビールを飲む時間というのには気をつけておきましょう。ビール好きにはたまらないビールを飲みながらダイエットすることができます。それもビールを飲む時間帯としては夕食前に500c前後ビールを飲むことです。

同じ量の水を飲むとさらに効果大

ダイエットを考えてビールを飲むときに水も飲んだ方が効果的だということで水の量はどのくらい飲めば健康的で頭がすっきりするのかを見ていきます。ビールを飲むときに同じ量の水を飲むことで体にはいい影響を与えてくれてダイエット効果もあります。水は普通飲んだ後、胃壁から吸収されないようになっています。ただし、ビールを一緒に飲むとビールが胃壁から吸収されるときに水も水溶液となって吸収されます。これがビールと一緒に水を飲んだ方が良い理由となります。

炭水化物は摂らない

炭水化物は摂らないという考えでいけばビールは炭水化物で着ていると考えられるため飲みすぎはよくありません。ダイエットしたいのであればビールの飲みすぎはなるべく控えてほどほどの量を飲むようにしましょう。それがビールダイエットで気をつけなければいけないことになります。

おすすめ商品

ビールを飲んでダイエットすることを推進している本もたくさん出版されていています。ビールを飲むと太ってしまうという概念を変えてくれる本ばかりとなっています。ビールダイエットは本当に効果があるものなので、正しいビールダイエットをするためには書籍を参考にしてビールダイエットを行いましょう。おすすめのビールダイエットの為の書籍を紹介します。

ビールを飲んでも飲んでも腹が凹む法 (知的生きかた文庫)

ビールを飲んでも飲んでも腹が凹む法 (知的生きかた文庫)
ビールを飲んでも飲んでも腹が凹む法等書籍がありますが、ビールを飲んで25kg減量に成功した話を本にしたものです。ビールを飲むと太るという概念を根本から変ええくれたのがこの書籍になります。

やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい (PHP文庫)

やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい (PHP文庫)
やせたい人は、今夜もビールを飲みなさいという書籍がありますが、まさにビールがダイエットに効果があることを証明してくれている書籍ではないでしょうか。ビールを飲みなさいと奨励しているのにはびっくりですが、実際にビールダイエットに成功した事例となるので信憑性があります。

Tarzan(ターザン) 2016年 6月23日号 [糖質OFF 夏の陣]

Tarzan(ターザン) 2016年 6月23日号 [糖質OFF 夏の陣]
Tarzan(ターザン) 2016年 6月23日号 [糖質OFF 夏の陣]では忍者や武士が持ち0府になっていて読んでいても面白いビールダイエット書籍です。ビールだけではなく糖質オフの料理などをいろんな食事を中心として紹介されている書籍です。読み始めると面白おかしく読みきることができるので、苦にならずに読んでしまうことができます。

まとめ

ビール好きには目から鱗の好きなビールを飲みながらダイエットできるというビールダイエット法について詳しく紹介しています。ビールの成分の効果やどのようにして飲めば効果が上がるのかを紹介しています。ビールダイエットのよさをアピールしています。

Related post

Recent Comments

    Categories