盛り上がり必至の小ネタをお届け

ココナッツオイルのダイエット効果!成功するための正しい方法とは?

ココナッツオイルでダイエットできる理由

ココナッツオイルは名前からも想像えできるように、ココナッツから採れるオイルのことです。ココナッツの種子から抽出するオイルで、中鎖脂肪酸という飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。飽和脂肪酸は体に良くないイメージですが、それはサラダ油など一般的に使われているオイルのような長鎖脂肪酸の方です。中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸と違い体脂肪になりにくい特徴があります。これがココナッツオイルが、ダイエットに良いと言われる理由です。

健康を維持するには適度な油分も必要です。油分を取り入れるならココナッツオイルのように、体脂肪になりにくい中鎖脂肪酸を選ぶのがおすすめです。ココナッツオイルには、他にもダイエット役立つ様々な効果が期待されています。

消化吸収されるのが速い

中鎖脂肪酸のココナッツオイルは、体内で素早く吸収されます。一般的な長鎖脂肪酸のオイルは、体内で時間をかけゆっくり吸収されます。体のいたるところでエネルギー源として利用されますが、すぐに必要ない場合は体内で貯めておけるので体脂肪になりやすいのです。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸であり、摂取するとすぐに肝臓で吸収されます。吸収が速いのでエネルギー還元率も高く、体内にため込まない分体脂肪になりにくいのです。そのスピードは長鎖脂肪酸に比べて約4倍速いといわれています。

脂肪を燃焼するケトン体を生み出す

体内で脂肪を燃やすと、ケトン体という物質が生まれます。脂肪を燃やすことでケトン体という新たなエネルギーが生まれるのですが、ケトン体は糖質が足りない時に糖質の代わりとなって脂肪を燃やすという働きがあります。さらにケトン体は体に負担をかけない物質なので、血液中に存在していても血糖値に影響を与えません。

中鎖脂肪酸は吸収が早いだけでなく、ケトン体を増やす効果が期待されています。つまり中鎖脂肪酸のココナッツオイルを摂取すれば、ケトン体を増やすことができるのです。ケトン体がふえれば、体に負担をかけずに脂肪を燃やすことができます。糖質制限ダイエット中は糖質が減るので、代わりにケトン体を増やし脂肪燃焼をサポートしてくれるココナッツオイルが役立つのです。

整腸作用がある

ココナッツオイルは体に良いオイルです。ココナッツにはミネラルやビタミンの他に、豊富な食物繊維も含まれています。ココナッツオイルには高い整腸作用が期待できます。オイルは老廃物をスムーズに押し出す働きもあるので、便秘症の人にもおすすめできます。

代謝がアップする

中鎖脂肪酸は吸収が速いので、その分エネルギーになるのも早いのがいいところです。ダイエットの目的となる体脂肪を燃やすには、エネルギーが必要です。ココナッツオイルのように素早くエネルギーになるオイルは、代謝を高める効果も期待できます。油分でも体内に貯まりにくいいので、他のオイルに比べると体脂肪になるリスクも軽減できます。代謝が高まると、その分効率よく脂肪を燃やせるようになるので痩せやすい体質に改善する効果も期待できます。

ココナッツオイルダイエットのやり方

ココナッツオイルダイエットをする場合は、正しいやり方を実践することが大切です。いくら体に良いオイルといっても、間違った方法では効果は期待できないでしょう。ココナッツオイルにはダイエット効果が期待できますが、ただココナッツオイルを摂取していればいいというわけではありません。ココナッツオイルを飲めば痩せると油断して、暴飲暴食すれば痩せるどころか太ってしまうでしょう。

早く痩せたいからと食事を抜いてココナッツオイルだけを飲む、というような極端なやり方は栄養バランスが崩れるのでおすすめできません。ココナッツオイルダイエットはとても手軽なので、トライしやすい方法ですが正しく実践することが大切です。ココナッツオイルを摂るだけでなく適度に運動したり、食事管理をしたりするというプラスアルファの工夫も欠かせません。

1日大さじ2杯摂取する

ココナッツオイルダイエットは、1日に大さじ2杯のココナッツオイルを摂取するというとても簡単な方法です。普通の食用油のようにボトルに入ったものもあれば、白く絡まった状態で瓶詰めにされているものもあります。どれを選ぶかは自分が使いやすいと思えるものでOKです。たくさん摂取すれば早く効果が出るというものはないので、1日に何杯も摂るというような無茶は辞めましょう。

食べ物・飲み物と摂る

ココナッツオイルはココナッツ独特の香りがします。中にはココナッツ独特の香りが苦手という人もいるでしょう。苦手な人にとってココナッツオイルをそのまま口にするのは、かなり苦痛となってしまいます。ダイエットは嫌々苦痛を感じながら続けてもあまり効果は期待できません。楽しく続けるには、自分なりの工夫をすることが大切です。

ココナッツオイルダイエットは、ココナッツオイルを食べ物や飲み物と一緒に摂っても問題ありません。そのままは苦手という人も、例えば朝はトーストに塗ればパンの香ばしさがオイルのクセを軽減してくれます。ドレッシングのオイルにつかってもいいですし、炒め物をする時やスープを作る時にココナッツオイルを使うというのもいいでしょう。いろんな料理に使えますし、1度に大さじ2杯を摂るわけではなく何度かに分けるのでそれほど苦痛は感じないはずです。

ただしココナッツオイルダイエット中も、太る原因となる糖質は控えたほうがいいでしょう。おすすめは糖質制限ダイエットにココナッツオイルを取り入れることです。

適度に運動を行う

ココナッツオイルダイエットを実践する上でも、運動は欠かせません。ココナッツオイルダイエットは高い効果が期待できるところが注目されていますが、運動なしで痩せるのは難しいでしょう。適度に食事制限をして、食べたら脂肪を燃やすための運動をしましょう。ココナッツオイルは脂肪を燃やしやすくするサポート効果が期待できるので、太りやすい体質から痩せやすい体質に改善する効果も期待できます。

ココナッツオイルダイエットの注意点

手軽で取り入れやすいココナッツオイルダイエット。しかしココナッツオイルダイエットをするにあたり、いくつか注意したいことがあります。多少個人差はありますが、どんなダイエットでも自分に合っているかどうかを確認してから取り組むようにしてください。

ココナッツオイルは天然由来のオイルですが、人によっては体に合わない場合があります。ココナッツオイルを飲めばいいと、目安を無視して大量に飲んでも早く馳せられるわけではありません。ココナッツオイルダイエットを成功させるためにも、正しいやり方と注意点を理解しておくことが大切です。

アレルギーがある人は避ける

ココナッツはヤシ科の植物で、ココナッツオイルはココナッツの種子から抽出するオイルです。原料は人工的や化学的に合成して作ったものではないので、自然由来という意味では安心です。ココナッツや食用としてもいろいろなものに使われているので、人が口にできないものではありません。

しかし食品である以上、人によってはアレルギーの原因となる可能性もあります。ナッツアレルギーの人は、ココナッツもアレルゲンになる化膿性があるので、取り入れる前に医師に相談することをおすすめします。ナッツアレルギーは症状が出た時、アナフィラキシーショックを起こす可能性が高いので軽視しないでください。

ココナッツオイルだけ飲まない

早く痩せたいからと、食事をほとんど摂らずココナッツオイルだけで済ませるというのはNGです。ダイエットの目標である痩せるというのは、いくつかの条件が揃って初めて可能になります。痩せるために必要な栄養や成分もあるので、ココナッツオイルしか口にしないというような極端に栄養バランスが偏る方法はNGです。ココナッツオイルを食事に上手く取り入れる工夫をしましょう。

精製されていないヴァージンココナッツオイルを選ぶ

ココナッツオイルだからといって、全てがダイエットに適しているとは限りません。最近はココナッツオイル人気が高まっているので、スーパーでも見かけるようになりました。しかし中には化学的に処理しているものもあります。防腐剤などの添加物を使用しているものはおすすめできません。

ココナッツオイルを選ぶなら、化学処理されていない100%ピュアなエキストラバージンココナッツオイルを探してください。加熱処理をするとココナッツオイルの良さが損なわれてしまうので、非加熱処理ものがおすすめです。

評判の高いココナッツオイル

これからココナッツオイルダイエットを始めようと思っている人に、安心して取り入れられるおすすめのココナッツオイルを紹介します。

(2個パック)ピュア ココナッツオイル100%[香りなし]ナチュレオ 912ml×2

(2個パック)ピュア ココナッツオイル100%[香りなし]ナチュレオ 912ml×2
ココナッツオイルを作る工程で、溶剤や薬剤など余計なものを一切加えることなく、自然な製法で商品化しています。バージンココナッツオイルを精製し、香り付けなどもしていないから本当の自然なココナッツオイルになっています。体に負担をかけるトランス脂肪酸を含まず、全体の60%が中鎖脂肪酸という質の高いココナッツオイルです。1パック912mlと大容量でリーズナブルなのもポイントです。

有機JAS オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル 500ml (1個(500ml))

有機JAS オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル 500ml (1個(500ml))
ココナッツオイルにも種類があって、瓶詰めになっているものも多く見かけます。瓶詰めになっているココナッツオイルは、白く固まっているイメージですがこれも自然由来の証拠です。余計なものを加えていないココナッツオイルは、25度以下になると固まりますが、25度以上になると透明のオイルになります。

これはココナッツオイルの特徴で、溶剤などを加えていない証拠です。温度によって形状変わっても、オイルの質には影響を与えないので安心です。有機JAS認定のオーガニックココナッツオイルだから、無漂白で無添加、保存料なども一切使用していないので安心です。温かい飲み物に混ぜたり、料理やお菓子作りに使ったりと幅広く使えるのも魅力です。

レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル 500ml 1本

レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル 500ml 1本
ボトルに入ったココナッツオイルをよく見かけますが、ガラス瓶に入ったものがおすすめです。プラスティック容器の場合、化学物質が溶け出すリスクがあるからです。その点レインフォレストハーブのココナッツオイルは、ガラス瓶に入っているので安心です。有機JASオーガニックバージンココナッツだから、子供から大人まで安心して口にできます。商品化する際も、漂白や味付けなどはせず自然のままで瓶詰めされます。

COCOCURE 有機 JAS オーガニック フェアトレード エキストラ バージン ココナッツオイル コールドプレス製法

COCOCURE 有機 JAS オーガニック フェアトレード エキストラ バージン ココナッツオイル コールドプレス製法
有機JAS認定の他に、厳しい基準をクリアしないと取得できないUSDAオーガニック認証EUオーガニック認証を取得しています。収穫したココナッツをすぐ近くにある工場で、鮮度が高いうちに商品化しています。熱を加えないコールドプレス製法だから、ココナッツオイルの良さを損ないません。100%オーガニックのココナッツオイルは、香りもフレッシュで初めての人にも使いやすいのが嬉しいところです。香り付けなどもしていないから、料理や飲み物の味を邪魔しません。

まとめ

今までダイエットに失敗ばかりだった人も、手軽に始められるココナッツオイルオイダイエットを試してみてください。いくつかコツはありますが、コツさえつかめば無理なく楽しく、リバウンドのリスクも軽減しつつダイエットに取り組めます。ココナッツオイルにも種類があるので、余計なものを加えない100%ピュアなものを選んでください。適度な運動と糖質制限をプラスすれば、高いダイエット効果が期待できます。

Related post

Recent Comments

    Categories