盛り上がり必至の小ネタをお届け

ランニングで痩せる!今度こそ基礎代謝を上げる走り方と注意点

ダイエットの方法として、誰もが手軽に始められるランニング。でも、そのランニング、ちゃんとやり方合ってますか?きちんとしたポイントを押さえておかないと、痩せるどころか、身体を痛めてしまうかもしれませんよ!

そこで今日は、ランニングで綺麗に痩せたい人の為のメソッドを教えちゃいます。何故ランニングはダイエットにオススメなのか、その走り方から注意点に至るまで、ありとあらゆる情報を大公開!あなたもランニングで、綺麗なボディを手に入れましょう!

ランニングがオススメな理由

ダイエットをしたい人に、ランニングはオススメできる手段です。それは一体どうしてなのだと思いますか?ランニングは、全身を使った有酸素運動です。だからこそ、嬉しい効果がいっぱいあるのです。では、その例を挙げてみましょう。

基礎代謝がアップする

先程も言った通り、ランニングは全身運動です。下半身から心臓へ戻る血流を良くする為、全身の血行促進に大変効果があります。また、身体に入る酸素の量が増えることで、末端にまで栄養素が行き渡り、体内の老廃物がスムーズに回収されます。その為、基礎代謝が大きくアップするのです。

筋力がアップする

ランニングを習慣化させると、全身にバランス良く筋肉がついてきます。体力や筋力がつくことによって、今までしんどいと感じていたことができるようになったり、日常生活でも、身体を動かすシーンで億劫に感じていたことが、すんなりこなせるようになってきます。

痩せやすくなる

有酸素運動であるランニングは、脂肪燃焼を促してくれます。同じ”身体を動かす”でも、無酸素運動である筋トレだけをやっていては、痩せられる身体は作れません。ランニングは、筋肉をつけながら、有酸素運動ができるので、ダイエットにはもってこいのスポーツなのです。

むくみが解消する

ランニングにはデトックス効果があり、有酸素運動をすることによって汗をかくことで、体内の毒素を排出することができます。その結果、むくみ解消の効果に繋がり、美肌効果などの美容にも効果絶大なのです。

正しいランニングの方法

そんなに効果があるなら、早速ランニングを始めてみようかな、という人たちがたくさんいそうですね。でも待ってください。ランニングにも”正しい走り方”があるんです。きちんと効果を得るために、走る時のフォーム、頻度、距離について考えてみましょう。

走るフォームの注意点

正しいランニングフォームで走らなければ、膝や足首を痛めたり、ケガをしてしまいます。走る時に確認したいポイントは

①背筋を伸ばし胸を張る

②肘を意識して腕を振る

③進行方向の直線上に着地して蹴り出す

正しいフォームで、変な癖をつけないように気をつけましょう。

週に3〜4日程度走るのがベスト

”ダイエットの為”といって、毎日ランニングをしなきゃなんて思っていませんか?そんなことをしていたら、三日坊主になるのも目に見えています。正しくは週に3~4日程度。3日なら、1日おきにできちゃいますね!

ランニングは、毎日行っていると筋肉疲労を起こします。筋肉が疲れてしまうと、脂肪を燃焼する妨げになってしまうのです。1日おきなら、しっかり筋肉を休めることができますし、身体の状態によっては程よくお休みの日を作ると良いでしょう。それなら、続けるのも苦になりませんね。

20分以上は走ろう!

人間の身体が脂肪を燃焼し始める時間は、約20分以降と言われています。つまり、20分以上は走らないと、あまりダイエットの効果は得られません。ただし、長くすれば良いというわけでもありません。

長時間のランニングは、膝や腰に大きな負担をかけてしまいます。また、ケガをする可能性も高まってしまうのです。ですので、慣れない内は30~40分程度、慣れてくれば1時間ほどやると効果的です。

より効率的にランニングするには

基本的なことを理解したら、次はもっと痩せる為に効果的なことをプラスしてみましょう。効率を良くすることで、忙しい中でのランニングでも効果が見えてきます。

食事前に走る

食事前にランニングを行うと、脂肪がエネルギーとして使われやすくなる為オススメです。さらに、ランニング後の食事は、栄養が筋肉へと流れていくので、脂肪蓄積される心配がありません。

水を飲んでから走る

ランニングでは大量の汗をかきます。人によって差はありますが、約1時間で1リットルほどの汗をかくと言われています。結構多いですね。気温が高いとそれ以上の汗をかくこともあります。走る前に水分を摂っておかないと、脱水症状などを引き起こしかねません。

朝走るメリット夜走るメリット

朝は1日の内で最も体温が低い時間帯です。その時間にランニングを行えば、体温と共に代謝も高まり、日中の脂肪燃焼効果が高まります。ただ、朝に走る場合はゆっくりと長く走りましょう。急な心拍数の上昇は危険です。

夜は脂肪燃焼より、1日の疲れを汗を流すことでスッキリ眠れるという、精神的メリットがあります。朝と比べ体温が高いので、短い時間でもランニングの効果が期待できるのではないでしょうか。

注意したいこと

最後に、ランニングをするにあたって、皆さんに心に留めておいてほしいことを書きたいと思います。ぜひ、心の片隅に置いておいて下さい。

朝起きてすぐはNG!起きて少し経ってから

特に血圧が高い人は注意が必要です。朝起きてすぐに運動をすると、急激に血圧が上がり、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞になりやすいのです。起きたら時間を少し空け、しっかり目が覚めてから動くようにしましょう。

体をほぐしてから

何をするにも、準備というものは大切です。いきなりランニングするのではなく、ストレッチや準備運動をしっかりやり、まずはウォーキングで徐々に身体を慣らしてみて下さい。薄っすら汗をかき始めたら、ランニングに切り替えると良いでしょう。

水分補給を徹底!

重複しますが、ランニングではたくさんの汗をかきます。その量は1リットル以上です。特に、夏の暑い時期はそれ以上に汗をかきやすいのです。それだけの水分が体内から出て行ってしまうと、脱水症状を引き起こしやすくなります。走る前にしっかり水分を摂り、走ってる最中も、こまめに水分補給をしましょう。

まとめ

ランニングで綺麗に痩せる方法、いかがでしたか?ランニングには、身体を絞る様々なメリットが隠されていました。また、ダイエットだけでなく、健康にも良い有酸素運動なのです。運動不足解消にも適しています。

ただ正しく行わないと、ケガをしたり、病気を引き起こす危険性についても、お話しさせていただきました。ランニングでのダイエットを、より効果的に、より安全に行っていただく為に、ぜひ参考にしていただければ幸いです。あとは、ランニングを純粋に楽しみ、スタイル抜群なスリム体型を目指してくださいね!

Related post

Recent Comments

    Categories