盛り上がり必至の小ネタをお届け

ランニングシューズのおすすめ商品は人によって違う!自分に合ったものは?

今からウォーキングやランニングを始めようと考えている人が選び方を詳しく紹介しています。できるだけ疲れにくいシューズ選びをする為の基準を詳しく紹介しています。自分の足に合ったシューズ選びをする為の最適な方法を見つけましょう。

ランニングシューズは必要?

ランニングやウォーキングをする人が増えてきています。仕事から帰って自宅近くをランニングしたりウォーキングをしたりと健康に気を使う人がたくさんいますが、そのときに履くシューズはランニングシューズの必要があるのでしょうか。普段履いているシューズでランニングをしてはいけないのでしょうか。シューズにもスニーカー・ランニングシューズ・ウォーキングシューズなど目的に合わせたシューズが販売されています。その中で目的別のシューズを履く理由があります。その理由について詳しく紹介します。

ランニングシューズの特徴

ランニングシューズの特長を見ていきます。ランニングシューズとして販売されているものは普通のスニーカーとは大分違います。どこが違うかというと、ランニングシューズはスニーカーなどとは違ってクッション性を高めた靴底になっています。ランニングすると歩くときよりも膝などに与える衝撃が強くなるので、その衝撃を吸収するように作られています。靴底がランニングをしているときに疲れにくい構造になっています。

スニーカーでランニングはダメ

ランニングをするときにスニーカーを履いてはいけないのでしょうか。スニーカーはランニング用には作られていません。そのためクッション性はランニングシューズと比べると、足にかかる負担が全然違います。そのテンランニングシューズの場合は衝撃吸収能力が高く長時間ランニングをしても疲れにくくなっています。

ウォーキングシューズとランニングシューズは違う

ランニングシューズとウォーキングシューズではどう違うのでしょうか。以前使っていたウォーキングシューズを使ってランニングをしても問題はないのでしょうか。ランニングをするときにウォーキングシューズを履くのはあまりよくありません。ランニングはウォーキングをする以上に汗をかいたりかかとに力が入ります。

そのためランニングシューズはメッシュ製の汗の吸収性が高いものが使われていて、クッションにもウォーキング以上にかかとへのクッションが厚めに入っています。最後に重さですが、ウォーキングシューズとランニングシューの重さですが違いがはっきりわかります。ランニングシューズの方が断然軽いのです。

マラソンシューズとの違い

マラソンシューズとランニングシューズは基本的には同じようなものです。かかとのクッション性はほとんど変わりなく厚めに作られています。ただし、ランニングシューズとマラソンシューズでは大きく違う点があります。走っているときの安定性です。ランニングシューズの方が安定性が優れていてマラソンシューズはその点では劣ります。マラソンシューズはどちらかというと反発性を高めていて速く走りやすい構造になっています。

目的に合ったものを選ぶ

このように同じ走ることを目的としたシューズでもそれぞれの走りに合わせたシューズの構造というものがあります。シューズを選ぶときには目的別に選ぶようにしましょう。目的が違うシューズを履くのはよくありません。理にかなったシューズを選ぶことが重要です。

ランニングシューズの選び方

ランニングシューズを選ぶときはいろんな角度から選ぶ必要があります。走るときに走りやすい靴を選ぶことで速く走ることができますし、疲れにくいシューズというのも大切です。足のサイズは当然合わせなければいけませんし、サイズだけではなく足の形や走るときの癖なども考えて選ぶようにしましょう。

足のサイズ

ランニングシューズを選ぶときに重要なのが足のサイズです。見た目だけで選んでしまって足のサイズは適当なランニングシューズを選んでしまうと、あとで靴擦れなどを起こしてランニングに支障をきたしかねません。きちんと足の長さや横幅を図ってからシューズ選びはしないといけません。忘れがちなのが足の高さです。足の高さは足回りをきちんと測れば自分に合ったランニングシューズを選べます。

足の形

ランニングシューズを選ぶときに足の長さや幅などと同じくらい重要なのが足の形です。同じ足でも形が3つほどあり、自分がどのタイプになるのかを知っておかないと足のサイズだけでは選べない点があります。足の形にはスクエア型・エジプト型・ギリシャ型の3タイプに分かれています。

各タイプの特長を紹介すると、スクエア型は親指と人差し指の長さがほとんど同じで、このタイプは日本人で1割程度の人が当てはまります。エジプト型は親指が一番大きくなっていて小指にかけてなだらかな傾斜が付いているタイプで日本人に一番多いタイプです。最後にギリシャ型は親指よりも人差し指が飛び出しているタイプで日本人の2割の人がこのタイプです。

走り方のクセ

シューズ選びでは実際に走る時に人それぞれ癖があります。走るときに多きゃ苦になったり内股になったり、踵を多く使ったりといろんな走り方があります。自分の走り方を知ることが重要です。靴のどこに力がかかっているかは靴底を見るとすぐにわかります。自分の走り方にあったシューズ選びというのも重要です。

走る距離やペース

ランニングシューズを選ぶときにどのような走り方をするかで選ぶシューズは変えたほうが足に負担もなく疲れにくい走りができます。走る速度を競うような走り方をする人には重量負荷がかかるのでできるだけ軽いランニングシューズを選ぶようにします。長距離を走るような人には足裏の設置面ができるだけ広くなるようなランニングシューズを選ぶと走りやすく怪我をしにくくなります。

専門家に選んでもらう

ランニングシューズを選ぶときにどれにしたらいいのかで迷うときは、シューズの専門家というのがいるので、専門家に足の形やサイズなどを見てもらって走る目的別に選んでもらうと自分に合ったランニングシューズを選んでもらえます。専門家は、間違いなくシューズに関しては幅広い知識を持っていていろんな足にあったシューズ選びができます。何を選んだらいいのか迷ったときは専門家の意見を聞きましょう。

ランニングシューズの予算

ランニングシューズを選ぶときに予算も重要です。お金をかければいろんな選択肢がありますし自分の足に合ったシューズを選ぶことができます。ただし、予算があるので予算と相談しながらベストなランニングシューズ選びをしましょう。

使う頻度や求めるレベルによって左右される

ランニングシューズは足を常に動かすものなので足にあったシューズで走る目的合わせたシューズ選びは重要です。予算を考えてから最初に予算に合うあったランニングシューズをピックアップします。その中で走る目的に合わせて素材やクッション性は最低限選びます。

初心者向けのモデルは比較的安価

ランニングシューズといってもいろんな価格のシューズがあります。同じモデルのものでも初心者向けと上級者向けでは価格がまったく違います。初心者向けは今から始める人の為に用意されているシューズでハードな使い方は必要なく最低限の機能性があればいいので安価のシューズが見つかります。

値段=性能ではない

多くの人が間違いやすいのが値段=性能と勘違いしている人が多い中、この考えは間違っています。素材などで高価なものを使っているシューズは高くなりますし、安価な素材でも性能面だけを重視して作られたシューズは意外に安価で手に入ります。

最低でも5000円程度はかける

ランニングシューズはシューズにかかる負荷は普段履く靴とは比べ物にならないくらいあるのである程度の金額のランニングシューズを購入する必要があります。安くても最低限出した方がいい金額と言えば5000円以上のシューズを購入しないとランニングに影響します。

ランニングシューズで失敗しないためには

ランニングシューズを購入するときに間違った選び方をしてしまうともう一足購入しなければいけなくなります。そうならないためにもランニングシューズ選びでやってはいけないことを紹介します。間違ったランニングシューズ選びは後悔してしまうことになりかねません。

軽ければ軽いほど良いわけではない

ランニングシューズを選ぶときに軽い方がよさそうに思えますが、そうでもありません。軽いということはかかと部分のクッション素材が薄くなっている場合がほとんどで、ランニングには不向きです。多少重くてもクッション性が高いものを選ぶべきです。初心者になればなるほどクッション性が高いシューズを選びましょう。

安すぎるものには注意

ランニングシューズを選ぶときに価格が安いシューズなどを選んでしまうと、走っているうちに足への負担がかかってしまって痛みを感じたり足が変形したりする可能性があります。安さでランニングシューズを選ぶのは止めましょう。

見た目だけで選ばない

見た目がかっこいいランニングシューズも販売されていますが見た目だけでランニングシューズを選ぶのはよくありません。外から見たらかっこいいシューズでも実際に履いて走ってみると走りにくいシューズはたくさんあります。かっこよさよりも機能性面を重視したランニングシューズ選びをおすすめします。

サイズを測ってもらう

ランニングシューズを購入するときに、自分の足のサイズはわかっているのでシューズのサイズだけ見て選んだりします。シューズにはメーカーによって同じサイズのシューズでも大きさが若干違うのが一般的です。ランニングシューズを選ぶときは実際にサイズを測ってから選ぶようにした方が確実です。

なるべく通販では買わない

シューズを購入するときに通販などで購入する人もいますが、通販は実際に手に取って履いてみることができません。書かれているサイズだけで選んでしまうので届いたランニングシューズを履いてから足に合わないこともよくあります。そのためランニングシューズを通販で購入するのはおすすめできません。

初心者におすすめのランニングシューズ

ランニングシューズ選びでも初心者から上級者までいてそれぞれにあったランニングシューズ選びが必要です。初心者向けのランニングシューズでお手ごろ価格のものをいくつか紹介します。価格と機能性の両面で初心者でも充分なランニングシューズはあります。

MIZUNO

[ミズノ] トレーニングシューズ マキシマイザー 19 (旧モデル) K1GA1700 10ホワイト×ブラック 25.5 3E
ミズノの初心者向けのランニングシューズでおすすめはミズノ ランニングシューズ ウエーブライダー19です。こちらはクッション性が高く走っていても疲れにくくなっているので初心者には最適なランニングシューズです。

asics

[アシックス] ランニングシューズ JOG 100 2 ブラック/ブラック 26.0 (現行モデル)
アシックスで初心者におすすめのランニングシューズと言えばGT2000 ニューヨーク4 ワイドです。こちらはかかと部分のクッションが反発性が高くランニング中に足をサポートしてくれる優れものです。特に長距離を走りたいと思っている人にはおすすめのランニングシューズです。

adidas

[アディダス] スニーカー VALCLEAN2 CMF ランニングホワイト/ランニングホワイト/グリーン 22.0 (現行モデル)
アディダスはスポーツ選手もたくさんの人が利用していて有名なメーカーです。アディダスのDuramoがおすすめです。Duramoはウォーキングからランニングまで幅広い運動に向いているシューズでアウトソールに耐摩耗性のラバーが採用されていて靴が長持ちします。初心者が履くにはぴったりのランニングシューズです。

new balance

[ニューバランス] スニーカー ML574(旧モデル) VTRTRUE BLUE(VTR) 25.0 D
ニューバランスのランニングシューズで初心者におすすめなのがFRESH FOAM BORACAYです。FRESH FOAM BORACAYはクッション性と安定性を両立させた優れもので、ランニング初心者には最適なシューズです。

NIKE

ナイキ ランニングシューズ ダウンシフター 7 852459-602 GRD/BK 28.5
ナイキのシューズでは初心者にはぴったりのランニングシューズと言えば、ナイキダウンシフターがあります。機能性や通気性など総合的に見ておすすめです。価格も6000円を切っていて購入しやすい価格になっています。

まとめ

ランニングをするときにシューズは必需品ですが、どんなシューズを選んだらいいかわからないという人にお勧めのランニングシューズを紹介しています。単にデザインだけでランニングシューズを選ぶのはよくありません。自分の足にあったランニングシューズの選び方を詳しく紹介していますので、シューズ選びの参考にしましょう。

Related post

Recent Comments

    Categories