盛り上がり必至の小ネタをお届け

ランニングとウォーキングをうまく使い分けよう!それぞれの特徴は?

ランニングとウォーキングの違いは、ただ歩くか走るかの違いだけと思っていませんか?確かにそれは根本的な違いではありますが、その他にも実は色々な違いがあります。ランニングとウォーキングを上手に組み合わせることで、様々なメリットがあるでしょう。

ランニングとウォーキングの違い

消費カロリーが違う

ウォーキングに比べると、ランニングの方が大幅にカロリーを消費します。走り方、歩き方などによっても異なりますが、同じ距離を移動しても、ランニングをした場合の方が、ウォーキングに比べ、倍以上の消費カロリーとなる事もあるのです。

またウォーキングでも、早く歩いたかどうかによっても、消費カロリーが多少異なります。競歩レベルの早さと、ゆったりお散歩レベルの早さでは、体への負担も異なりますので、その分消費カロリーが変わるでしょう。ウォーキングに限らずランニングも同じ事が言えますので、その点も踏まえた上で運動をしてみると良いでしょう。

消費体力が違う

消費するカロリーが多い分、当然消費する体力も異なります。同じ距離、同じ時間を移動しても、ランニングの方が体力を消耗しやすく、ウォーキングの方が簡単に運動することが出来るのです。

ただしこちらも動くスピードによって有る程度体力消費は異なります。同じランニングでも、ゆったりジョギングペースで走っていれば体力は減りにくく、ウォーキングでも、競歩レベルですたすたと歩いていれば、その分体力を消費しやすくなるのです。上半身にひねりを加えるなど、ちょっとした工夫を取り入れた場合は、より消費体力が異なりますので、どの様にトレーニングをしていきたいかに合わせて、動き方を変えてみるのも必要でしょう。

ウォーキングの方が持続性が高い

ウォーキングは、一つ一つの動きなどそのものは、さほど負担がありません。その為、持続して行う事が可能で、長時間運動をしたいと言う方にこそ、ピッタリと言えるのです。持続性が高く運動したいという場合には、ウォーキングをおすすめします。

よりダイエット効果を高めつつウォーキングをしたいという場合は、上半身を大きくねじりながらウォーキングをしたり、歩く歩幅を拡げてみたり、歩くスピードを速めてみたりと、工夫をすることも1つの方法です。ちょっとした工夫を取り入れる事で、同じウォーキングでも、より高いダイエット効果をゲットすることが出来ます。

持久力のつき方が違う

ランニングとウォーキングでは、根本的に使っている筋肉などが異なりますので、持久力の付き方が異なります。それぞれの行い方にもよりますが、比較的、ランニングは大幅に、ウォーキングは少しずつ、持久力がつきやすくなるでしょう。

ただしこちらも、継続をすることが大切です。たまに気が向いたときに行うというだけでは、なかなか持久力がつきませんので、注意しましょう。ランニングとウォーキング、どちらも出来るだけ、毎日続けるようにすることで、持久力がアップしやすくなります。

ランニングとウォーキングの組み合わせについて

ウォーキングからランニングに行くことで体への負担を減らす

日頃からあまり運動をしないと言う方の場合は特に、最初からランニングを始めるのでは無く、最初は負担の少ないウォーキングから始めることがベストです。ウォーキングで有る程度体力を作って、運動慣れしてから、ランニングを始めることで、体への負担を減らすことが出来ます。

ウォーキングを準備運動としてしてからランニングを本格的にスタートすることで、肉離れやねんざなどを防ぎやすくなることにも繋がるため、日頃からあまり運動をしないと言う方は特に、やってみると良いでしょう。ウォーキングで有る程度体が温まってからの方が、ランニングの効率もアップする傾向にあります。

ランニングが終了してウォーキングに移行することで呼吸を整える

ランニング終了後、そのままぴたっと止まってしまうと、心臓にも大きな負担がかかります。ウォーミングアップと同じように、クールダウンをさせる事も重要で、クールダウンさせる際には、ランニング終了後のウォーキングがピッタリです。

ランニングで心拍数が上がった後にウォーキングに移行することで、心臓をクールダウンさせると言うだけでは無く、体全体を落ち着かせる効果も期待出来ます。走ることで分泌したアドレナリンなども落ち着かせ、メンタルも落ち着かせる働きがあるのです。

普段運動をしていない人はウォーキングでランニングへの体力を鍛える

普段運動をしていないという方の場合は、まずはウォーキングで基礎体力を身につけて、ランニングに臨むようにしましょう。普段運動をして居ない方が突然運動をすると、ぎっくり腰や肉離れなどの危険があります。

ランニングと組み合わせると言うよりも、ウォーキングを重視して行い、しばらくの期間はウォーキングのみをして、体力アップに努めるという方法もおすすめです。ウォーキングだけでは飽きてしまった、もっと体力を使いたいというようになってから、少しずつランニングを取り入れていきましょう。

ランニングとウォーキングを使い分けて全身の筋肉を鍛える

ランニングとウォーキングは、それぞれ鍛える筋肉が異なります。ランニングとウォーキングをバランス良く行う事で、全身をくまなく、バランス良く鍛えることが出来るのです。使う筋肉も微量ではありますが少しずつ異なりますので、鍛えたい箇所に合わせて行う事が必要でしょう。

また、ダイエットの流れもランニングとウォーキングで全く異なります。ランニングは短期でとにかく脂肪を無くしてシャープに痩せたいという方向け、ウォーキングは長期的に必要の無い脂肪だけを落としていきたいと言う人向けですので、その点も考えた上で行いましょう。

ウォーキングを行う際には特に、上半身のひねりを加えながら行ったり、ちょっとした工夫を取り入れる事で、同じ運動量でも鍛えられる箇所が異なります。ランニングの場合はどうしても単発的な動きになってしまいますのであまり余裕が無いかもしれませんが、余裕が有れば、いつもより太ももを大きくあげて走ってみたり、腕の振りを大きくしてみたりと工夫を取り入れて見ることも大切です。

ランニングとウォーキングで最適なシューズ

ROEGRE

ROEGRE ランニングシューズメンズ レディース両用 超軽量 通気 スポーツシューズ男女通用 パープル27cm
メッシュ素材で通気性もバツグン、クッション性が高く、足への負担も軽減する事が出来るスポーツシューズです。新型のMDソールを採用することで、従来のシューズに比べて、大幅に走りやすさがアップしています。

トラベルランニングシューズ

新番 メンズ スポーツ軽量 カジュアル デイリー トラベルランニングシューズ カジュアル スニーカー 通勤 通学 日常着用(245cm-280cm) (JP275(27.5cm), グレー)
レースアップでファッショナブルなランニングシューズで、メッシュ素材を採用。ランニングの際にも群れにくく、ウォーキングにもピッタリのアイテムです。

ROEGRE

ROEGRE スポーツ ランニングシューズ 超軽量 通気 ウォーキングシューズ 男女通用
ブルーやグレー、レッドにパープルなど、カラーバリエーションが豊富で、非常におしゃれなスポーツシューズです。通気性のバツグンなメッシュを採用し、防滑性もバツグンで、雨の日にも安心して履くことが出来ます。

OvMax JP

OvMax JP マリンシューズ ウォーターシューズ メッシュ シューズ レディース ウォーキングシューズ ランニングシューズ 通気 軽量
ヒールの無いフラットタイプ、凹凸のあるソールを採用することで、履いている事を忘れる程の自然な動きを出来るのが魅力のシューズです。防菌防臭、軽量性に優れており、毎日履いても抵抗なく利用できます。

まとめ

ランニングとウォーキングは、どちらもバランス良く、上手に活用することで、効率良くトレーニングすることが出来ます。ダイエットをして居る方にもピッタリですので、合わせて行ってみると良いでしょう。きちんとしたスポーツシューズを履くことで、体への負担を軽減し、よりトレーニング効果をアップすることが出来ます。

運動があまり得意では無いという方はウォーキングを重点的に行ってみたり、運動が得意という方はランニングを中心に行ってみたりと、メニューを変えてみることも大切です。出来るだけ自分に合っている方法を見つける事で、楽しく運動を続ける事が出来るでしょう。

Related post

Recent Comments

    Categories