盛り上がり必至の小ネタをお届け

なんだか楽しくない・・・カップルに訪れる倦怠期を乗り越え方法とは

2018.02.08

付き合い始めた当初は好きで堪らなかった相手でも、次第に一緒にいても楽しくなくなることがあります。いわゆる倦怠期と呼ばれるものですが、この倦怠期にさしかかった時期に別れてしまうカップルというのも少なくありません。どんなカップルにも必ず倦怠期は訪れてしまうものですが、ここでは倦怠期の基本的な知識や乗り越え方といった情報を発信しますから、興味がある方はぜひ参考にしてください。

倦怠期って何?


そもそも倦怠期って何?と思った方もおられるでしょう。耳にしたことはあるもののよく分からない、という方は多いはずです。倦怠期というのは相手に飽きてしまったり、嫌になってしまったりする時期のことを指します。交際しているカップルや夫婦に訪れるもので、倦怠期がきてしまうとさまざまな影響が生じてしまいます。

一緒にいてときめかない

交際を始めたばかりの頃は毎日が楽しくて仕方ないはずです。メールやLINEでやり取りをするだけでも楽しいですし、些細な会話でも幸せな気分になれるでしょう。そんな日が永遠に続けばいいと思っていますし、永遠に続くものだとも思っているはずです。好きな人と交際しているわけですし、毎日がドキドキの連続ということも珍しくありません。恐らくこの時期はカップルにとってもっとも幸せな時期でしょうし、最高に素晴らしい時間を共有していると感じられる瞬間かもしれません。

倦怠期になってしまうと付き合い始めた頃の情熱や気持ちがウソのように冷めてしまいます。一緒にいるだけであんなにときめいた相手にまったくときめかなくなりますし、ドキドキ感なども皆無となってしまいます。付き合い始めたばかりの頃を思い出してみるとその違いは顕著ではないでしょうか。一緒にいてもドキドキしない、ときめきがないというのは倦怠期の特徴的な症状と言っても差し支えないでしょう。あの頃のようなドキドキ感をもう感じることはないのかと悲観的になったり、別れようかという話が出ることもあります。

飽きてきた

こんなに好きな人だから飽きてしまうことなどまずない、面白い人だから絶対に飽きないと思っていても倦怠期がやってくると簡単に飽きてしまいます。簡単にというと語弊があるかもしれませんが、どんなに面白くて最高に好きな相手でも次第に飽きてくるのは仕方のないことでしょう。付き合い始めたばかりの頃はどんな会話でも楽しかったのに楽しくなくなった、ギャップがあるのが魅力だったのにそこにも飽きてしまった、ということもあります。

楽しくない

楽しくないというのも倦怠期に訪れる症状です。交際を始めたばかりの頃は楽しくて仕方がないはずですし、電話やメール、LINEでのちょっとしたやり取りも楽しかったはずです。これ以上楽しいことなどこの世にないというくらい楽しいですし、毎日をハッピーに過ごしていたはずです。しかし、倦怠期になってしまうと一緒にいても特別楽しくはありませんし、メールやLINEをしていてもその会話に楽しいという感情を抱くことは少なくなってきます。これも倦怠期にみられる代表的な症状ですからぜひ覚えておいてください。

倦怠期が来る時期


できることなら来てほしくない倦怠期ですが、交際している以上必ずといってよいほど倦怠期はやってきます。倦怠期に入ったときに別れるか、それともそれを乗り越えるかはカップルによってまちまちですが、せっかく好きになって交際し始めた者同士ですから何とかして乗り越えたいですよね。では、そもそも倦怠期はどれくらいの時期でやってくるのでしょうか。

3か月

倦怠期がやってくる時期というのはカップルによってまちまちです。付き合い始めてすぐに倦怠期が来たというケースもあれば、もっと時間がかかったというケースもあります。こればかりはカップルによって異なるためいつ倦怠期が来るかということを明確にお答えすることは難しいと言えるでしょう。一般的によく言われているのは付き合い始めて3ヵ月ほどということです。3ヵ月も付き合うと付き合い始めた頃から感じていた違和感が明確になったり、嫌な部分が見えてくるとも言われています。

半年

次に多いと言われているのが半年です。半年も付き合うとお互いのことはたいていよく分かってきますし、イイ部分だけでなく悪い部分もたくさん見えるようになってきます。そのため、小さなケンカが絶えなくなっていることも多いですし、小さな不満が積もり積もって爆発してしまうのもこれくらいの時期だと言われています。半年ものあいだ不満を溜め込んでいるわけですから爆発したときのエネルギーは相当なものでしょう。そのため、結局この段階で別れてしまうということも珍しくありません。

1年

1年ほど経ってから倦怠期が来たという方もいます。1年も付き合っていればもうお互いのことで知らないことなどないほどになっていますし、小さなことでケンカなどすることも少なくなっているでしょう。それだけに何もかもがマンネリしてしまっていることも多いですし、付き合い始めたばかりの頃のようなドキドキ感もなくデートなどもしなくなっている可能性が高いです。デートは毎回彼の部屋でセックスして終わり、ということも少なくありません。この時期には別れるというよりもどちらかがほかの異性に浮気をしてしまうようなことも多いです。

3年から5年

これくらい長く付き合えばもう安泰かと思いきや決してそうでもありません。3年以上付き合っているとなると相手のことはすべて知り尽くしていますし、ある意味一緒にいるのが当たり前のような関係になっています。そのため、恋人ではなく家族のように思ってしまうこともありますし、恋愛感情が薄れてしまっていることもあります。お互いがこのままでいいのかという不安に駆られてしまうこともありますし、新たな恋や人生を探そうかと考えるようになることもあります。

倦怠期になってしまう原因


倦怠期はカップルに必ず訪れるものと言われていますが、中にはほとんど倦怠期らしいものを感じなかったという方もいます。倦怠期がまったくないケースというのは少ないでしょうが、実際ほとんど倦怠期らしきものを知らないというカップルがいるのもまた事実なのです。そこで、ここでは倦怠期になってしまう原因についていくつか挙げてみますから、それを知ることで倦怠期を回避することも考えてみましょう。

ワンパターンなデートばかり

倦怠期になってしまう大きな原因の一つがこれです。毎回ワンパターンなデートになってしまうとマンネリ化してしまいますし、一緒にいても楽しいとは思えなくなってくるでしょう。付き合い始めたばかりの頃は何をしても新鮮な気持ちになれるものですが、それが毎回となると必ず飽きは出てきます。デートがいつも映画から食事、そのあとホテルとなるとこれはワンパターン化していますし、女性もうんざりしてしまいます。だいたいワンパターンなデートになってしまうのは男性の責任が大きいですが、お互い工夫してみる必要もあるでしょう。

ワンパターンなデートばかりだと必ず倦怠期はやってきますから、できるだけ二人でマンネリにならないよう工夫することが大切です。いつもデートプランを彼氏が練っているのならたまには彼女がプランを立ててみたり、二人でまったく経験したことのないような経験をしてみるのも良いかもしれません。刺激的なデートなら何度しても飽きがきませんし、マンネリ化してしまうようなこともないでしょう。一度二人できちんと話し合ってみるとイイかもしれませんね。

2人でいることが当たり前になった

2人でいることが当たり前のようになってしまうと倦怠期となってしまいます。交際を始めたばかりの頃だと2人で居る時間がとても貴重ですし、一緒にいても新鮮な気持ちになれたはずです。しかし、長く交際していると2人でいるのも当たり前になってきてしまいますし、それが特別なことではなくなってしまうのです。それが当たり前のことになってしまうとデートをしても何の新鮮味もありませんし、ドキドキするようなこともなくなってしまうでしょう。

仕事が忙しい

仕事が忙しいことが倦怠期の原因になってしまうこともあります。仕事が忙しいとお互い会う時間も少なくなってしまいますし、LINEやメール、電話でコミュニケーションをとることも少なくなってしまいます。そのため、次第にお互いのあいだに距離ができてしまうこともあるのです。どちらかの仕事が忙しい場合だとそれが原因でケンカになることも多いですが、いつも仕事で会えない、やり取りできないとなると次第にケンカすることすら少なくなってしまいます。

環境がガラッと変わった

環境がガラッと変わってしまったことで倦怠期に突入してしまうということもあります。環境が変わってしまうとそれに順応するために頭がいっぱいになってしまいますし、恋愛のことをつい疎かにし始めてしまいます。付き合い始めたばかりの頃だとそんなことは到底考えられなかったでしょうが、あまりにも環境が変わってしまったせいで恋愛どころではなくなってしまいます。

ストレスが多くなった

ストレスを抱えてしまう原因はいろいろと挙げられますが、さまざまなストレスが原因で倦怠期に入ることもあります。仕事や友人関係、家族の問題などでストレスを抱えてしまい、恋愛に一直線になれなくなるのです。また、そのストレスからパートナーにきつく当たってしまうようなこともありますし、結局うまくいかなくなるというケースも少なくありません。

倦怠期の乗り越え方


倦怠期に入ってそのまま別れてしまうカップルも多いのですが、ここでは倦怠期の乗り越え方についてお話したいと思います。倦怠期を乗り越えるにはお互いが倦怠期であることを意識することが大切ですし、二人で乗り越えようとする気持ちも必要となりますから肝に銘じておきましょう。

嫌な部分を受けいれる

付き合いが長くなればなるほど相手のことをよく知るようになりますし、悪い部分もどんどん見えてくるようになります。付き合い始めたばかりの頃は相手も猫を被っていますから基本的にイイ部分しか見えてきませんが、付き合いが長くなれば嫌でも悪い部分が見えてくるものです。倦怠期を乗り越えるのならその嫌な部分さえも受け入れる度量と覚悟が必要になります。相手の嫌な部分を少しでも好きになれるよう、受け入れられるよう努めてみてはいかがでしょうか。受け入れがたい嫌な部分もあるかもしれませんが、本気で倦怠期を乗り越えようと考えているのならそれも必要となります。

距離を少しおいてみる

倦怠期になったら少し距離を置いてみるというのも一つの手です。距離を置くことで一旦冷静になることもできますし、また会いたいという気持ちになるかもしれません。そのまま別れてしまうようだと所詮そこまでの関係ですし、一度二人で話し合った上で距離を置くことで元通りの関係に戻れるかもしれません。

仕事に専念する

一度恋愛のことを頭から忘れて仕事に専念してみると良いかもしれません。仕事に没頭することで余計な雑念を消すことができますし、それが恋愛にうまく作用することも考えられます。余計なことを考えずに済みますし、一生懸命仕事に打ち込んでいると不意にパートナーのことが愛しくなるかもしれません。

同棲・半同棲を解消する

同棲や半同棲状態になっている場合だと相手がいつもそばにいて当たり前の状態になっています。これだと倦怠期になってしまうのは仕方のないことですし、交際し始めたばかりの頃のドキドキなどほぼ皆無となっているでしょう。そこで、同棲や半同棲を一度解消してみるというのも一つの手です。いざ同棲を解消するとなると勇気が必要ですし、もしかするとパートナーが嫌がるかもしれません。しかし、そこでずるずると同棲を続けてしまうと元の木阿弥となってしまいますから、倦怠期を乗り切るためにもここは一つ同棲を解消してみましょう。

友人や家族との時間を多く持つ

いつもパートナーと一緒にいると倦怠期も早くやってきてしまいますし、倦怠期になってからも相手とずっと一緒だとどんどん恋心は冷めてしまいます。そこで、友人や家族との時間をもっと大切にしてみるという方法もあります。パートナーと共有する時間が多くなればなるほど倦怠期に入りやすいですから、パートナー以外の人との時間を多く持つことで倦怠期を脱出できるかもしれません。パートナー以外の人との時間を多く過ごすことによって改めて相手の居心地の良さなどを再認識することもできるでしょう。

手紙を書いてみる

自分の素直な気持ちを手紙で伝えてみるというのも一つの手です。いつも直接伝えていたことや電話、LINEなどで伝えていたことも手紙になると受け止め方、感じ方などが変わってきます。いつも一緒にいるのが当たり前になって素直に言えなくなっていたことなどもあるでしょうし、そうした想いを手紙に書いて送ってみてはいかがでしょうか。手紙なら普段なかなか言えないことも素直に言えるものですし、倦怠期を乗り切るのにも効果的です。今さら面と向かって言うのが恥ずかしい、という方には特に手紙で思いを伝えることをおススメします。

時間が経つのを待つ

いつまでも倦怠期ということはありませんから、時間が経つのを待つという手もあります。時間が解決してくれることもありますし、気が付いたら倦怠期を乗り切っていたということもあるでしょう。そのまま気にせずに普段通りの生活を送っていたらまた付き合い始めた頃の気持ちが復活していた、ということもあるかもしれません。時間が解決してくれることは確かにありますからこれも一つの手であることには間違いないでしょう。

2人の目標を立てる

何かしらの目標を二人で立てることで倦怠期を克服することも可能です。二人で共通の目標を持ち、それに向かって邁進していくとなると共闘する心も芽生えてきますし、協力して頑張ろうという気にもなります。何の目標も持たずにだらだら毎日を過ごしていると嫌なことばかり考えてしまいますから、ここは一つ大きな目標を掲げてみてはいかがでしょうか。そうすることで意外と簡単に倦怠期から抜け出すことができるかもしれません。

気を付けたい倦怠期カップルのNG行動


倦怠期に気を付けたいNG行動もいろいろとありますからぜひ覚えておきましょう。この時期は些細なことでイライラしてしまうこともありますし、感情的になってしまうこともあります。NG行動を覚えておけばいざケンカになりそうなときも回避できるのではないでしょうか。倦怠期に間違った行動をとってしまうとそのまま別れに直結することにもなりかねませんから注意が必要です。ここでは代表的なNG行動についてまとめてみました。

感情的になる

感情的になってしまうというのはもっともNGな行動です。先ほども少しお話したかもしれませんが、倦怠期にはついつい感情的になってしまうこともあります。それを感情的に相手に吐き出したとしてもスッキリするのは自分だけです。そこから関係が大きくこじれてしまうことも考えられますし、倦怠期を脱するどころか別れることになる可能性もあります。感情的になっても何の解決にもなりませんから、話をするときには落ち着いて話し合うことをおススメします。どうしても感情的になってしまうという場合には第三者をあいだに入れるというのも良いかもしれません。

他の異性に気があるフリをする

これもやってしまいがちなことですが、ほかの異性に気があるフリをしてしまうこともあります。特にこれは男性がやってしまいがちですが、倦怠期というデリケートな時期にこれをやられてしまうとあっさりと別れることになる可能性が高いです。男性としては冗談や相手の気を引くつもりで口にしたかもしれませんが、ただでさえ倦怠期で面白くない時期にそんなことを言われたら「ならお好きに」ということにもなりかねません。逆に女性がほかの男性に興味があるようなそぶりを見せると彼氏はあっさり浮気に走ってしまうようなことがありますから注意しましょう。

自分本位にならない

自分本位にならないというのも大切なことです。倦怠期にはちょっとしたことでイライラしてしまうこともありますし、自分の思い通りに物事が進まないこともあります。自分本位に振る舞ってしまうこともあるでしょうが、これは倦怠期には致命的です。倦怠期に起きたことはすべてマイナスに受け止められてしまうと考えて差し支えありませんし、自分本位な発言や行動をしてしまうと「これがこの人の本性なんだ」と思われても仕方ありません。ただでさえ倦怠期で楽しくないときにそんな発言や行動をされてしまうと別れようかなという気持ちになってもおかしくはないでしょう。

倦怠期を乗り越えたいと考えているのなら自分本位な発言や行動は控えるべきですし、相手のことも考えたうえで慎重な発言、行動を心がけるべきです。もうどうでもイイと考えているのなら話は別ですが、この先も一緒に歩んでいきたいと考えているのなら自分本位になるのはやめておきましょう。

まとめ


倦怠期の特徴や乗り越え方などについてお話しましたが、今これを読んでいる方の中にも倦怠期という方はおられるかもしれません。もしかしたら自分はもう相手に対して愛情を持てなくなってしまったのではないか、と思っているような方もおられるでしょうが、倦怠期は誰でもそんなものです。そこを乗り越えることができればまた今までのように楽しく過ごせる日々も帰ってくるでしょう。ただ、そのためには努力する必要もあります。倦怠期を乗り越えるための工夫も必要となりますし、自分のことばかり考えずに相手のこともしっかりと考えてあげなくてはなりません。倦怠期に入ったからといって必ず別れるということはありませんし、乗り越えることは十分可能です。頑張ってこの難関を乗り越えてください。

Related post

Recent Comments

    Categories