盛り上がり必至の小ネタをお届け

彼氏に嫉妬しない女性になりたい!克服方法はあるの?

2018.01.23

嫉妬しないゆとりが感じられる女性になりたいと、多くの女性が思います。嫉妬しても、何も良いことがないことを知っているからです。どうしたら、ちょっとしたことに揺れたりしない堂々とした女性になれるのでしょうか?

彼氏に嫉妬してしまう理由

すぐに嫉妬してしまう女性は、自分に自信がないことが少なくありません。また、恋人を完全にコントロールしたいと考えていることもあります。その為、恋人が自分の意思と異なる行動を起こすとすぐにイラっとしたり不安になったりするのです。

不安は、嫉妬の原因になることもあります。でも、それに気が付いていないことも少なくありません。

他人が優れて見える

強烈な劣等感が、激しい嫉妬心を生み出していることもよくあります。どんなに頑張って自分磨きしても、それでも劣等感はぬぐえない時、恋人の周りにいる女性がみんな敵に見えてきます。みな、自分よりも優れているように見えるからです。そして、恋人は自分よりももっと優れた女性に奪われるといった恐怖を抱きます。

恋人が美人が好きなタイプなら、自分よりももっと美人が怖くなりますし、恋人が仕事ができる女性を評価するタイプであれば、自分よりも仕事ができる女性を敵視します。また、お嬢様育ちなど、恵まれた環境で育った女性を素晴らしいと褒める声を聞けば、今更それを手に入れることはできませんから、今度は恵まれた環境で育った女性を悪く言うようになります。

しかし、お分かりのようにこういった思考も行為もあなたの魅力を奪ってしまいます。嫉妬のあまり悪口やおかしな噂話があなたの口から出るようになれば、恋人もあなたに良い印象を抱かなくなるでしょう。100歩譲って嫉妬したとしても、絶対に誰かの悪口を恋人に聞かせることだけはしてはいけません。

自分に劣等感がある

劣等感など捨ててしまいましょう。誰かと競うことなどしなくても、あなたにはあなただけの良さがあるはずです。どうしても劣等感がぬぐえないなら、何か自信が持てるようにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。自分と付き合ったことで恋人が更に魅力的になることを、男性も嬉しく思うはずです。

恋人を信頼していない

チャラチャラしたイメージがある男性と付き合っている場合、浮気の心配をする女性もいます。でも、はっきり言いますが、人を変えることなどできません。もしあなたが女性好きな男性と付き合うことを選んだのであれば、こういったことも想定内のこと。心配したり嫉妬したりしても無駄です。

女性好きの恋人を丸ごと愛するか、きっぱりと別れるかどちらかでしょう。丸ごと愛すると決めたのなら、あれこれ考えずに信じるだけです。

嫉妬しやすい女性の特徴

嫉妬しやすい女性は、負けず嫌いであることも少なくありません。絶対に負けたくないということは、誰よりも負ける可能性があると感じていることの裏返しでもあります。

嫉妬している時の表情は、自分が想像しているよりも残念であることが少なくありません。そんな顔を好きな人に見せてはいけません。見せるくらいなら、恋人にきちんと不安な気持ちを伝える方がいいのではないでしょうか。

対面を気にする

いつも人からどう見られるのか非常に気にする女性は、恋人に裏切られたり恥をかかせられるような行為を絶対に許せません。プライドが許さないのです。でも、それもまた心の深い所で強い劣等感があったり、自分に自信がなかったりすることがあります。

しかし、プライドが高いが為の嫉妬はあまり可愛いものではありません。

感情の揺れ幅が大きい

精神的に不安定な人もいます。嬉しい時はとてもテンションが高く、気持ちが落ち着かない時は、これといって大きな問題が無くてもふて腐れた態度をとります。所謂、「かまってちゃん」などもそうかもしれません。

自分で精神的に安定していないことが分かっているのでしたら、是非注意して欲しいところです。気持ちが落ち着かないような時は、あえて恋人と会わないようにしたり、連絡をしないようにしたりするのも良いでしょう。

考え方がネガティブ

何でも悪い方に妄想して、一人で落ち込んでしまう人もいます。事実と想像の間に線引きできず、強い思い込んでしまうのです。こういったタイプは、恋愛以外でも同じことがあり、はっきり言って損です。まだ起こっていないことを勝手に悪くイメージして、落ち込むなんてナンセンスです。

無理してポジティブに考える必要はありませんが、頭の中のネガティブループが始まったら、一旦考えることにストップをかけるように工夫しましょう。現実と思考を分けて考えるようにしてください。

男性が嫉妬する場合の理由

男性が嫉妬すると、女性よりも分かりやすい場合が少なくありません。嫉妬相手に対して、怒りを爆発させて何らかの攻撃をする人が多いからです。特に恋愛上においてはそうかもしれません。好きな女性が万が一他の男性と深い関係になれば、普段どんなに静かなタイプの男性でも暴れることがあります。

ないとは思いますが、おとなしい彼だからといってこちらが好き勝手浮気すれば、想像を超えた攻撃をされるかもしれません。ですから、どんなタイプの男性であっても、絶対にナメないことです。

彼女の方が収入が高い

付き合う相手は、自分よりも仕事ができない人や収入が少ない人がいいと考える男性は少なくありません。自分よりも恋人ができが良いと、嫉妬する場合もあります。

彼女に男友達や同僚が多い

いくら肉体関係がないとは言え、恋人にあまりにも男性の友人が多いと、良い気持ちを持たないのが男性です。これは、女性も同じではないでしょうか。浮気を疑うということではなく、ただ、異性に人気があることが嫌なのです。異性に囲まれて生活していることが耐えられないのです。

職業によっては仕方がないこともあるかと思いますが、恋人の前で男性の同僚の話しをするのは控えた方が良さそうです。

彼氏に嫉妬しない女性の行動


彼氏に嫉妬しない女性のイメージはやっぱり良いものです。さっぱりした雰囲気と、堂々とした大人のゆとりが感じられます。

全面的に信頼している

現実を見るのではなく、自分の心や選択を全面的に信じる。こういう女性は、いつも堂々としています。時に邪悪な噂話を耳にしても、自分の判断を信じていますので揺れません。そして、万が一恋人が裏切った場合は恋人を責めるのではなく自分の判断が誤っていたと認めて反省します。

嫉妬しない女性が信頼しているのは、恋人であり自分自身です。

ポジティブ

何でも良い方向に考える習慣がある女性は、あまり嫉妬しません。これは、その方が幸せになれるということもありますが、単にネガティブに考えるのが面倒だったり疲れてしまったりして嫌であることもあります。

他人を悪く言わない

良い意味で他人に興味がない女性。興味があるのは、自分がどうしたらハッピーのなれるのかということです。これは他人はどうなっても構わないといった意味ではなく、ネガティブなことを考えている時間がもったいないくらい、充実しているということです。

他人を悪く言っても、不毛であることを知っていますのでしません。嫉妬する時間も、もったいないと思っているのかもしれません。

嫉妬しない方法とは?

嫉妬心が生まれたら、恋人と付き合えている幸せの方に視線をすぐにシフトしてください。ネガティブな不安や心配に注目するのではなく、好きな人が恋人であることに、ただ感謝するのです。すると、心があったかくなってきます。そして、広い心になれます。

自分を認める!

鏡に映る自分の姿も、お財布の中身も、会社での評価も、全部良しとしてただ認めましょう。そして、自分のことをメチャメチャ褒めちぎりましょう。誰が何と言おうが、私は最高ガール!と認めましょう。他人と比較する必要なんてありません!

自分を認めて好きになると、目の前の景色もがらりと変わります。心にゆとりも生まれますし、みんなのことを愛しく思えるようになり、ちょっとしたことでぐずぐず言わなくても良い気持ちになれます。その時、自信に満ちあふれた本当にいい女に。嫉妬なんて不要になります。

何故嫉妬しているのか冷静に考える!

悩みすぎたり考えすぎたりすると、自分が本当は何を不安に思い、何を恐れているのか分からなくなります。こういった時は、一度紙に書きだしてみましょう。書くことで頭の中を整理すれば、本当に嫉妬する必要があるほどのことが起こっているのか見えてきます。

頭の中を整理したら、嫉妬だと思っていたことが、実はただの被害妄想だったなんてこともあるかもしれません。

第三者に相談する!

嫉妬で苦しい時は、信頼できる人に話しを聞いてもらうのもオススメです。「話すは放す」です。不安も嫉妬も、誰かに話すことで放したり離したりできるかもしれません。

まとめ

「嫉妬ガール」から、「どーんと構えてガール」へ。嫉妬するくらいなら、その場を見ないようにするのも良いかもしれません。視覚は強烈に脳にインプットされてしまいますので、不快な気持ちになりそうな場面には足を運ばないようにするのも良い方法です。

Related post

Recent Comments

    Categories